山中温泉とは

山中温泉こおろぎ橋

こおろぎ橋は山中温泉を代表する景観

山中温泉は石川県加賀市にある加賀温泉郷の一つです。名前の通り山の中に位置していますが、意外に大きな町になっており、その中に宿が点在しています。

町を流れる黒谷川周辺は渓谷になっており鶴仙渓と呼ばれ、渓谷に掛かるこおろぎ橋やあやとり橋が山中温泉を代表する景観になっており、観光名所です。

松尾芭蕉が8泊した温泉としても知られ、「山中や 菊は手折らじ 湯の匂ひ」の句も有名です。

山中温泉の源泉・泉質

山中温泉菊の湯

山中温泉の総湯(共同浴場)「菊の湯」は男女別棟。写真は男湯

泉質は硫酸塩泉で、原則として集中管理され給湯されているので、施設によるお湯の違いはあまりありません。

また大規模温泉地で大規模な施設が多いと、温泉を循環している場合が多いものですが、山中温泉も例外ではありません。

次ページで、山中温泉の旅館・入浴施設をご紹介します。