自動車事故を起こすと、対人賠償、対物賠償など賠償責任を問われることになります。この時、事故の相手方である当事者や保険会社と交渉を進めてくれるのが示談交渉です。

事故が発生!相手との示談で決まること

示談交渉は保険会社のプロが対応します。基本的には全てお任せとなります

示談交渉は保険会社のプロが対応します。基本的には全てお任せとなります

事故発生からの流れです。以下のケースでは当事者の過失割合が大きい、加害事故を例に考えてみます。

1 「事故発生、保険会社へ連絡」

2 「契約者が相手方へお見舞い、謝罪など」

3 「事故の状況から双方の過失割合を決定」

4 「治療などを経て損害確定」

5 「保険金支払い。解決」

実際には内容が前後したり、大事故の場合は損害確定の時期が後ろへずれたりしますが、おおまかには以上の流れとなります。保険会社の示談交渉担当者が特に活躍するのは主に「3」「4」となります。

過去の判例に従い過失割合が決定
もちろん契約者の声にこたえることも

示談交渉という言葉を聞くと、どちらのほうが悪いかをイチから立証するようなイメージがあります。しかし実際のところ、過失割合についてはほとんどの事故は過去のケースに落とし込むことで対応します。事故発生時点で、○対○と決まってしまうのです。

とはいえ、時には当事者しか知りえない情報が出てくることもあります。例えば「相手が携帯電話をいじっていた」「第3者が歩道から飛び出してきた」……などといった場合、情報を精査し先方担当者と示談することで、過失割合が変わってくるケースもあります。

>>頼りになる示談交渉。しかしサービスそのものが使えない場合も!