海外旅行保険は当日加入できる?

海外旅行保険は当日加入できる?

海外旅行の出発当日まで、海外旅行保険の手配を忘れていることは珍しいケースではありません。では、出発当日の海外旅行保険の加入をどうすればいいのか考えてみましょう。


 

海外旅行保険、出発当日の加入先

海外旅行の出発当日でも契約可能な加入先は以下のものがあります。 出発当日といっても、例えば海外旅行保険が未加入であることに夜の便出発の朝に気がつくのと、まさにこれから自宅を出発するときに気がついたなど、色々なケースがあります。なかには空港に到着後に気づくこともあるでしょうから、それも含めて対応を考えてみましょう。

■海外旅行保険の出発当日のインターネット加入
海外旅行保険は、どこの損保でもインターネット加入が可能です。たいていの損害保険会社で出発当時の契約も受付しています。但し、海外旅行保険は自宅を出発したときから補償が始まります。既に自宅を出発している場合には、インターネット契約はできないケースもあるので注意してください。
また、損害保険会社や海外旅行保険の商品によっては出発当日だと付帯できない特約などが発生することもあります。念のため問題がないか確認しておきましょう。
他にも、時間調整が可能なら損害保険会社の窓口や保険代理店に会う方法もあります。

■空港の損害保険会社のカウンター、海外旅行保険に加入する自動販売機
慌ただしい海外旅行の出発当日に時間がなく無理ということであれば、空港で加入することも可能です。損害保険会社が海外旅行加入のためのカウンターを設けていたり、海外旅行保険加入のための自動販売機が空港に設置されています。
空港へ移動する交通機関の中で、携帯やスマホで調べれば設置されている場所が分かります。その場で保険証券を発行してくれます。

■クレジットカード付帯の海外旅行保険
空港で加入するのも忘れて渡航してしまったら、クレジットカードに付帯している海外旅行保険がないか確認してみましょう。旅行代金をそのカードで決済しているなど利用条件があったり、充分な補償が付帯されていないケースも珍しくありませんが、ないよりましです。
ある程度補償があって海外旅行保険を適用できる条件を満たしていれば、出発当日に慌てる必要もないので、クレジットカード付帯の契約が簡単です。

海外旅行保険に出発当日に加入する際の注意点

出発当日の慌ただしいときに、慣れない海外旅行保険の細かい補償内容について確認して考えて検討する時間もあまりないでしょう。焦って内容をよく確認せずに加入を決めてしまいがちなので、必要な補償がカバーされているのか確認するのを忘れないようにしてください。

クレジットカード付帯の海外旅行保険の適用で済ませる場合には、カードに付帯されているはずと過信しないように注意が必要です。慌ただしく手続きして、保険証券や事故の際の連絡先などの紛失にも気をつけてください。


【関連記事】
海外旅行保険、テロや暴動でも大丈夫なの?
カードを2枚持てば、海外旅行保険も2倍?
海外旅行保険、これを読んでから出発しよう
海外旅行保険の日数はどう数えるの?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。