太っている人は睡眠時間が短い!?

寝不足はダイエットに影響

寝不足女子はやせにくい

海外の研究によると7~8時間の睡眠をとっている人の肥満度が最も低く、4時間以下の睡眠の方の肥満率はなんと73%もアップするという調査結果が出ているようです。ではどうして睡眠時間が短いと肥満になりやすいのでしょうか?それは睡眠時間が短くなるとホルモンバランスの乱れが起こることが原因のようです。

食欲に関係する2つのホルモン

レプチンは脂肪細胞が分泌する食欲を抑えてくれるホルモンです。一方グレリは胃で作られるホルモンで食欲を増進する働きがあります。睡眠時間が短いとレプチンが減りグレリンが増えるため睡眠時間が短い人は食欲が増して太りやすい体になってしまうということが言えます。グレリンが多く分泌されると高脂肪食や高カロリー食を好むようになるため注意が必要です。

睡眠が5時間以下の方はグレリンを活発化させないためにもまずは1日6時間は睡眠を確保することから始めていきましょう。

次のページでは快眠のための食事ポイントをご紹介します。