お盆休みなどの大型連休に格安で海外旅行に行ける可能性はゼロではない!

大型連休の風物詩、渋滞

大型連休の風物詩、渋滞

せっかくの連休、たまには海外にでも行きたいなあと思ってはみたものの、毎年テレビに映されるのは新幹線の乗車率やごった返す羽田空港、ヘリから撮影した高速道路の渋滞の映像などなど。しかも、海外航空券はJRの運賃とは違いピーク時にはぐっと高くなります。

「家でゆっくりしてた方がいいや」と思いたくなるのも無理はありませんが、最初からあきらめてしまうのはもったいないですよ!

下記3つの方法を、ぜひ検討してみてください!


その1 まず、LCC(ローコスト格安航空会社)で探してみる

当たり前のようで恐縮ですが、これには理由があります。海外個人旅行でよく使われる大手航空会社の「格安航空券」ですが、この正体は包括旅行運賃(IT運賃)といって、パッケージツアー用などに旅行会社が大量に仕入れた座席のバラ売りが基本です。

ピークシーズンはLCC(ローコスト航空会社)でお得に海外へ行こう!

ピークシーズンはLCC(ローコスト航空会社)でお得に海外へ行こう!

当然、その価格は市場(シーズンや搭乗率など)の影響を強く受けますし、交渉による部分もあります。ただでさえ混雑している日の座席を、航空会社が安く卸すはずがありません。結局ピーク時の航空券は旅行会社で扱っているものも正規割引運賃だったりして、航空会社のホームページで直接予約するのと変わらないなどということもありえます。

つまり、ピーク時の航空券を格安航空券で探すということは、発想からしてちょっと違っていると言えないこともありません。

LCCはインターネットでの予約が基本

LCCはインターネットでの予約が基本

しかし、LCCに格安航空券は存在しません! もともと安いから、ではありません。全座席がインターネットを中心とする直販だからです。言ってみれば全て紛れもない正規割引運賃です。多くのLCCは残席数によって運賃が上がったり下がったりします。

早く予約すればするほど安い運賃で取れるチャンスが大きくなります。これは、割り当て分の座席がなくなれば販売終了の格安航空券とは似て非なるものです。ピーク時であっても早い者勝ちでとてもお得な料金で予約することができます。この点は、ピーク時にはそもそもお得な料金設定がない格安航空券に比べて納得感があるのではないでしょうか。

しかも、例えばゴールデンウィークに旅行へでかける場合に間近の4月を迎えてからでも、「本当にGWにこの料金でいいの?」と思えることもしばしばあります。是非チェックしてみましょう。

日本発の代表的なLCC
ピーチのホームページ
バニラエアのホームページ
エアアジアのホームページ
ジェットスターのホームページ

格安航空券は電話回答待ちのことも多い

格安航空券は電話回答待ちのことも多い

もう一つの理由として、ピーク時に格安航空券を申し込むと、「回答待ち」にさせられることがけっこう多いことが挙げられます。その日にその運賃で座席を提供すべきか否か、空席状況を見ながら航空会社が(時にアナログで)判断する(もっといいお客さんがいたら、そちらに席をまわす)ということなのです。

中小旅行代理店のうたい文句に「~航空、~方面に強い!」というのを良く見かけますが、強い弱いがあるのはこういう事情にもよるものです。

散々待たされたあげくにNOの回答ではせっかくの連休の計画が台無しです。その点、LCCなら空席ありかなしか、その場の画面上で白黒はっきりします。これは、実に有利な点といえるでしょう。

>> その2 海外発券を使ってみる