海外旅行 ガイド 中原 健一郎

なかはら けんいちろう

旅で日本の国際化を支援!海外安全とお得な旅のノウハウを発信します

都内大手専門学校にて観光学の講義を担当。100余国の渡航経験をもとに、来たる東京五輪に向けて次世代の国際派人材の育成に力を入れている。合わせて独自の経験則に基づく海外旅行の危機管理や便利でオトクな情報を発信中。外国人目線で「ワカリニクイ」日本の発見にも取り組んでいる。元ツアーコンダクター。

得意分野

世界中の魅力的な観光スポット情報の紹介。特に、一般的な海外旅行に飽きた中上級者好みの少々ニッチなスポットなど。また、そのための準備、渡航や現地でのトラブル回避に関する情報、ノウハウ等。

活動実績

執筆ガイド記事本数41
メディア掲載実績5
執筆書籍数1

ガイドからの挨拶

皆様はじめまして!

かつて日本が高度成長を迎えていた頃、ハワイへ行くには大卒初任給の何倍もの費用が掛かったのをご存じですか?

それからわずか一世代、今では世界最強の「日本国パスポート」と、学生でも航空券が買える経済力を武器に多くの日本人が海外へ出たことによって、日本社会がより開かれ、また世界の人々の私達を見る目も近年着実に変化しているのはどうやら間違いなさそうです。
日本ブームが起こったり、世界のホテルへのアンケートで日本人が「最も好ましいゲスト」に選ばれたりしているのが良い例だと思います。

極端に言えば、「カミカゼ」「エコノミックアニマル」といったイメージから、「信頼できるトモダチ」「歴史と伝統と文化」「スシ」「ポップカルチャーの最先端」へと変化してきたダイナミズムを感じませんか?
海外旅行というのは、より大きな視点で捉えれば、文化交流だと思うのです。


しかしながら、近年は若年層の内向き志向が社会問題にまでなりつつあります。国際化がますます進展する現代、この傾向が日本の活力の停滞要因となってしまってはいけません。私の発信する情報が、少しでも多くの人の目を外に向けるきっかけになり、日本の健全なグローバル社会の一助になればと願っています。

またその一方で、一歩海外に出れば至る所で「危うい」日本人旅行者を目にする事があります。準備不足や無理に不運が重なってどうにも身動きが取れなくなり、各地の日本大使館の「お世話」になってしまう旅行者が今でも後を絶ちません(恥ずかしながら、私も経験者です)。
そんな経験を基に、少しでも皆様の旅のトラブル回避に役立てるようなノウハウの発信も心掛けていきたいと思います。

皆様の道中が無事で愉快なものでありますように!

メディア掲載実績

新聞読売新聞(東京)
外貨両替 街中でサッと 店舗網が拡大 宅配サービスも
2017年08月26日
テレビフジテレビ「めざましどようび」
格安旅行代理店利用時の注意点
2017年04月01日
テレビフジテレビ「直撃LIVEグッディ!」
てるみくらぶ・破産手続き開始・内定者が見た実情
2017年03月29日
新聞報知新聞(東京)
ニュースカウンター 行くぜリオツアー 東京五輪のために!!
2016年05月19日
雑誌uomo
特集「海外あるあるトラブル 対処マニュアル」
2014年07月24日

ガイドの新着記事