一般媒介のメリットとデメリットとは?

不動産会社はどんな会社でも、媒介契約締結の際には、専属専任・専任媒介で売却の委任を取り付けようとします。必然的に専属専任や専任媒介寄りの説明になってしまいがちですが、どこの不動産会社も独占して販売したいことに違いはありませんから、多少は仕方がないでしょう。

そうした状況ですから、一般媒介の内容そのものについてもそうですが、一般で依頼するメリットとデメリットについて説明を受ける機会もあまりないかと思います。というわけで、今回は一般媒介のメリットとデメリットについて突っ込んで解説していこうと思います。まずはメリットからです。

一般媒介締結のメリット

売却の窓口を複数(いくらでも)作ることが出来る

ippann

他社との競争をあおることによって、早期売却の可能性が高まります。

売却を依頼された不動産会社がぼやぼやしていると、他社がさっさと売ってしまいます。良い方向に進めば、多数の不動産会社が他社に負けじと、積極的に販売活動を行うことで、早期成約に至る可能性があります。

声をかけた不動産会社の動きが多少悪かったとしても、並行して他社も動いてますので、専属専任&専任媒介の時のような影響はありません。「他社に先を越される前になんとか自社でお客さんを見つけたい!」と、競争意欲を掻き立てることがプラスに働きます。

ただ、上記のようなメリットが生まれるのは、どこの不動産会社も喉から手が出るほど委任を受けたいと思っている、人気のエリアや有名なマンションです。さらに売出価格が高すぎず適正で、情報を出せば早々に売れるであろうと判断された物件に限っての話です。実際にそうした人気物件は数が限られています。

さらに、「売却に時間がかけられるので、最初は少し高めに出したい」といったような売主の意向があると、成約に至るまで時間がかかるため、メリットはほとんどなくなり、デメリットばかりになってしまいます。

一般媒介における唯一のメリット。それは、

「不動産会社間の競争意欲を掻き立てることにより、早期成約に至る可能性が高い」

ということです。ではデメリットとはなんでしょうか? 次ページからはそれを見ていきましょう。