ノルマンディー地方は海沿いや内陸に観光スポットがいっぱい

 

 草原からモンサンミッシェルを望む


フランスに来たら、パリと合わせて人気ナンバーワンの観光地なのが世界遺産モンサンミッシェル。パリから車で約3時間で行けるので日帰りバスツアーも人気ですが、かなりタイトなスケジュールで慌ただしいのが実情です。

そこでおすすめしたいのは現地で1泊するプランです。しかもモンサンミッシェルがあるノルマンディー地方は、海沿いや内陸に観光スポットがいくつもあるので、立ち寄らない手はありません。これができるのもプライベートアテンドのサービスならでは。

 

画家たちを魅了したというオンフルールの港町


歴史を感じるノルマンデイーの田舎村をはじめ、華やかな夏のバカンス地ドーヴィルや画家たちを魅了したというオンフルールなどの港町に寄って美味しい海の幸を堪能。宿泊はオンフルールがお勧めですが、人がいなくなった静かなモンサンミッシェル内のホテルで絶景を独り占めするもよし。

Auberge st Pierre
ホテルのこちらの部屋からは礼拝堂が見えます。

車種はベンツの最新SクラスLハイブリッド(パノラミック窓)で快適です。4月以降はシーズンまっさかりの睡蓮が美しいジヴェルニーのモネの庭へも寄ることが可能です。

<DATA>
■取扱会社:コムデパリジャン
料金:1泊2日で2400ユーロ(特別プラン)車+アテンド(フランス税込み、宿泊/食費は別料金)
ホームページ:コムデパリジャン

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。