オーガニックコスメの基準って?

広大なオーガニック農園(出典:ヴェレダ)

広大なオーガニック農園(出典:ヴェレダ)

オーガニックコスメがかなり浸透しているヨーロッパ、アメリカ等では独自の認証機関が存在します。その「認証」を受けると、そのマークをアイテムに表示することができ、ひとつのオーガニックコスメとしての公の証となるわけです。

これから、代表的な認証機関についてご紹介します。

 
 

海外の認証機関

エコサートの認証マーク

エコサートの認証マーク

■エコサート…フランスのトゥールーズに拠点を置く、世界最大希望の有機製品の認証機関。「95%が自然原料である」など厳しい基準が設けられています。

 


コスメビオの認証マーク

コスメビオの認証マーク

■コスメビオ…フランスのエコロジカル・オーガニック化粧品協会。「100%天然由来から構成されていること」「石油由来物質を使用しないこと」などが基準です。

 

オーガニック農法とは

ヴェレダの生みの親、シュタイナ(出典:ヴェレダ)ー

ヴェレダの生みの親、シュタイナー(出典:ヴェレダ)

オーガニックコスメを語る上で、必ず耳にするのがバイオ・ダイナミック農法。これは、人智学者ルドルフ・シュタイナーが生み出した独自の農法です。殺虫剤や農薬を使わないのは有機と同じですが、宇宙や地球のエネルギーを植物に取り入れ、土地に活力を与えるという独自の考え方が特徴。化学肥料や、化学薬品を一切使用しないその過程は、大変な時間と人出とコストがかかりますが、植物の栄養価は高くなると言われています。


次は、代表的なブランドと選び方について>>