たっぷり使えるお手製化粧水でお肌のケアを

 

 

もう、かれこれ15年近く手作り化粧水を使ってきました。
それまでは結構な額の大手メーカーの化粧水を使っていましたが、
手作りの方が気兼ねなくたっぷり使えるし、季節や心身の状態によってアレンジが出来るので、
気に入って使い続けています!!

その中でも、特に今、まさにマイブームなのがこのレシピ!!

ヒントは、TVCMで見た”温泉水を使った化粧水”。
ピンと来てから、すぐに作ってみたら、やっぱり大正解!!

肌なじみがすごくよくて、スーッと染み込んでいきます。
これから乾燥の季節になるので、この化粧水でたっぷり保湿してあげましょ!

■レシピ
  • 精製水 200cc
  • グリセリン 5cc
  • 精油(お好みで) 10滴
  • 重曹 少々
     
■作り方
  1. ガラス容器を煮沸消毒
  2. グラスなどの容器に、グリセリンと精油を混ぜ合わせる。
  3. よく混ざったら、重曹を少々入れる。 
  4. 最後に水を入れてよく混ぜ合わせ、ガラス容器に移して、出来上がり!!

 

 

■ポイント
このレシピのポイントは何と言っても、重曹!!
重曹は本名を”炭酸水素ナトリウム”と言います。
炭酸水素塩泉という温泉が実際にたくさんあり、美肌の湯と呼ばれているんです。

ですから、重曹を少しだけでも溶かしてあげると、
温泉水を混ぜたのと同じになるのではないかと考えたわけです。

混ぜる量は、あまり多いとネトネトした肌触りになりますので、
写真のような少々のスプーン1杯分くらいで十分かと思います。


それから、オススメの精油ですが……

ちょうど夏から秋へと季節が変わる時で、
夏の疲れが出て、自律神経が乱れがちなので、
今のオススメは、
「ラベンダー・クラリセージ・イランイラン、ローズウッド……」

といったリナロールを含む精油を選ぶと効果的かと思います!!

手作りで朝晩の肌のケアを楽しみたいですね~!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。