5.テカリやすい部分にだけパウダーを塗る

パウダー

リキッドの自然なツヤ感を生かしましょう

パフにパウダーをとり、おでこや鼻筋、小鼻の周りなどテカリやすい部分にだけ塗りましょう。顔全体にたっぷりと塗ってしまうと、時間が経ったあとに小じわが目立ちやすくなり、老けた印象になってしまいます。

パウダーを部分使いすることで、リキッドファンデーションの自然なツヤ感が出て、肌のハリが強調され、若々しい印象に見えます。


6.オレンジ系のチークを楕円形に塗る

チーク

楕円形でリフトアップ!

ブラシに肌なじみの良いオレンジ系のチークをとり、黒目の下、耳横を結んだ点を始点として、やや上方向に楕円形にチークを塗っていきます。

上方向の楕円形に入れることで、頬が上がって見え、リフトアップ効果が生まれます。




7.ピンクのチークを丸く重ねる

チーク

にっこり笑って

6で入れたチークの上、にっこり笑った時にできる頬のぷっくりした部分に、やや丸くピンク系のチークを重ねます。

こうするとさらに血色が良く見え、ふんわりとした若々しい印象を演出する事ができます。
オレンジ1色よりもピンクを重ねる事で、格段に仕上がりがナチュラルに、美しくなります。


8.目の下にハイライトパウダーを塗る

ハイライト

ハイライトの効果は絶大!

目の下の三角部分にハイライトパウダーをさっと塗ります。こうすると顔の中心に光が集まり、顔が引き締まり、小顔にも見えます。また、頬の毛穴も目立ちにくくなるという効果もあります。

次にチークの上にもさっとハイライトを重ねてみましょう。こうするとさらに頬が上がって見え、さらにリフトアップ効果が生まれます。


9.フェイスラインをシェーディングする

シェーディング

たるみをなかったことに!

フェイスラインが少したるんでいると、それだけでぐっと老けた印象に見えてしまいますので、少し暗めのパウダリーファンデーションをブラシにとり(シェーディングパウダーでも可)フェイスラインにさっと塗ります。

こうすると、きゅっと引き締まり、若々しい印象になります。濃く塗ってしまうと不自然ですので、さっと軽く仕上げる事がポイントです。

次ページで、仕上がりとプロの美ワザをチェック!>>