古典柄で日本の花嫁に!

日本古来の古典文様を用いたNOVARESE(ノバレーゼ)のオリジナル和装。まさに日本の文化をまとう花嫁衣裳です。
ノバレーゼundefined本振袖

裾から広がる杜若(かきつばた)が横に展開する珍しい柄行 提供元:NOVARESE

桜、梅、杜若(かきつばた)など、四季の花々を配した美しい引き振袖「四季の花」。優しく愛らしいお着物は、花嫁だけでなくゲストも魅了します。


ノバレーゼundefined色打掛

紅葉をバックにしても映える紺地の色打掛 提供元:NOVARESE

人とは違った色打掛を選びたいという花嫁にもピッタリな、非常に珍しい紺色の打掛。清らかな紺地に扇が舞う紺地の打掛は、女性の品格を感じさせるまさに花嫁のためのお着物です。