注目の美白成分と効果的な使い方とは?

undefined

体の中からも美白!

前ページで挙げた美白成分で、最もオールマイティといえるのはビタミンC。メラニン生成抑制、黒色メラニン淡色化の効果を持つだけでなく、肌老化の原因となる活性酸素を抑える働きやコラーゲンの合成を促す作用などもあり、幅広い美容効果が期待できます。シミだけでなく、くすみが気になる人にもおすすめ。体内からの働きも大きいので、サプリメントや食品でも積極的に摂取しましょう。

即効性でいえば、ハイドロキノンが断トツ。美容クリニックなどの医療機関でも導入されている成分で、メラニン生成抑制効果が抜群に高い上に、できてしまったシミを還元する働きもあります。高濃度のものは集中スポッツケア、低濃度のものは肌全体のトーンアップに向いていますが、使用にあたっては、「日中は必ずUVケア製品と併用する」といった注意点を守ることが大切です。正しく使えば、よりスピーディな効果が期待できるはず。

また、ダメージ情報の伝達をブロックするトラネキサム酸カモミラETは、日焼け後最初のケアに使う美白化粧品としておすすめ。トラネキサム酸は、肝斑に働きかけるということでも知られています。


undefined

紫外線対策は必須です

最後に、美白ケアを行う際に忘れてはいけないのが、日常のちょっとした注意です。まず、紫外線対策は一年を通じて万全にしておきましょう。また、摩擦やストレスもシミの原因になるため、シミを触って刺激を与えないこと、シミを気にしすぎないこともポイントです。

さらに、美白化粧品は使い始めて1週間というような短期間では、なかなか目に見える効果が現れにくいもの。肌の細胞が入れ替わるターンオーバーは通常で約28日周期といわれていますので、肌の様子を観察しながら、ある程度の期間は使い続けることが肝心です。

自分に合った美白化粧品で根気よくお手入れを続け、シミのない明るい美肌を目指しましょう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。