Apple IDを登録する

基本的には有料コンテンツを購入するためのApple IDなので、途中でクレジットカードを登録することは理にかなっています。そこで、無料コンテンツを入手するところから手続きを始めることで、クレジットカードの登録を回避してApple IDを作成できます。ここでは無料アプリの購入画面からApple IDを作成します。
左上の[…]をクリックし、[App]をクリック

左上の[…]をクリックし、[App]をクリック

[App Store]をクリックし、価格表示がないアプリをクリック

[App Store]をクリックし、価格表示がないアプリをクリック

アプリのアイコンの下にある[入手]をクリックして、表示されるウィンドウ内の[Apple IDを作成]をクリックします

アプリのアイコンの下にある[入手]をクリックして、表示されるウィンドウ内の[Apple IDを作成]をクリックします


いくつかの画面や承諾事項などを確認したうえで、Apple IDとなるメールアドレスとパスワード、さらにセキュリティ関連の項目を入力します。なお、パスワードは大文字のアルファベット・小文字のアルファベット・数字の3種類を全て使った8文字以上にする必要があります。
利用規約を確認したことにチェックを入れ、[同意する]をクリック

利用規約を確認したことにチェックを入れ、[同意する]をクリック

[任意のレスキューメール]は、パスワードや秘密の質問の回答を忘れたときに、パスワードリセットの手順を示したメールの受信先メールアドレスです。必ずしも入力する必要はありませんが、不安であればApple ID以外のメールアドレスを入力しましょう

[任意のレスキューメール]は、パスワードや秘密の質問の回答を忘れたときに、パスワードリセットの手順を示したメールの受信先メールアドレスです。必ずしも入力する必要はありませんが、不安であればApple ID以外のメールアドレスを入力しましょう

次にクレジットカード情報の入力画面になります。クレジットカードを登録したくないときは[なし]をクリックして、最後に[Apple IDの作成]をクリックします

次にクレジットカード情報の入力画面になります。クレジットカードを登録したくないときは[なし]をクリックして、最後に[Apple IDの作成]をクリックします


これでApple IDの作成は終了です。
画面上部の人のアイコンをクリックして、Apple IDとなるメールアドレスとパスワードを入力

画面上部の人のアイコンをクリックして、Apple IDとなるメールアドレスとパスワードを入力



Apple IDの使い道

Apple IDはiTunes Storeで楽曲を購入するのに必要です。また、Appleが提供しているクラウドサービス「iCloud」を利用するときのアカウントもApple IDとなります。iCloudについてもいずれ紹介していきますが、Apple関連のサービスを利用するときに必要なのがApple IDというわけです。

■関連記事
不正ログインからApple IDを守る「2ステップ認証」
Apple IDのパスワードを変更する



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。