台湾名物の魯肉飯がおいしいお店

 

中サイズの魯肉飯 

美食の街として知られる台北。小籠包など中国の影響を受けた料理が有名ですが、伝統的な台湾料理も存在します。その代表格が魯肉飯(ルーローファン)。バラ肉など脂身の多い豚肉を細切れにし、台湾の醤油や砂糖などで煮込んだものをご飯にかけていただきます。ちょっと甘めで日本人の口にあう料理です。

その魯肉飯の名店として知られるお店に行きました。場所はおいしいお店が集まる永康街(ヨンカンジェ)。メインの通りから脇道に入ったところにある大来小館は、正統派の台湾料理店。と言っても食堂のような気軽な雰囲気で観光客だけでなく地元の人でにぎわっています。魯肉飯は以前コンテストで1位を取ったほどの自慢のメニュー。サイズは3種類あり、小30元(約90円)・中50元(約150円)・大80元(約240円)です。
 

 大来小館

写真の魯肉飯は中サイズ。脂っこすぎず、八角もきつくないのできっと多くの人に受け入れられるのではないでしょうか。しっとりしたそぼろをご飯と一緒に食べれば幸せな気分に。後ろに写っているなすと間に挟んだひき肉がよくあい、とてもおいしかったです。お値段も手ごろですし、ほかのメニューもおいしかったです。永康街散策の途中にどうぞ。

■大来小館(ダーライシャオグァン)
住所:台北市永康街7巷2号
電話:+886-2-2357-9678
営業時間:月~木11:00~14:00、17:00~21:00/金~日11:00~21:30
定休日:なし(旧正月などは休み)
HP:http://www.dalaifood.com/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。