リーズナブルでオシャレな雰囲気 「Warung Igelanca」

 

 

インドネシア料理のおいしさを教えてくれたお店。バリのウブドにいる間、一日1回は必ず行ったレストランです。ひどい日は一日に2回。あまつさえ、お茶までしてしまったことも(笑) とにかく何を食べてもハズレがなく、丁寧に料理されていることが見ても、食べてもわかります。

ストリートフードに抵抗のある人は、こちらでお食事をするといろいろなインドネシアの味覚に出会えると思います。お値段もアラカルトでも25000ルピア(250円弱)ほどとリーズナブルなのもうれしいのではないでしょうか。

undefined

 

写真の料理はインドネシア料理の「ガドガド」。温野菜にピーナッツソースがかかっています。食欲がなくてもいけるメニュー。

ドライトマトの味がアクセント的に効いている「テンペゴレン」やココナッツを使った優しい味のスープ「オポール」もおすすめ。どのお料理にもお手製のピクルスがついてきます。瓶に入れてサーブしてくれるのですが、おいしくて毎回ほぼ完食させていただきました(笑)

お皿やカトラリー類なども含めて、料理のプレゼンテーションも気取っていないのにおしゃれで、思わず写真を撮りたくなります。女性の一人旅でもゆっくり食事できる雰囲気も◯。

■Warung Igelanca
住所:ラヤウブド通り
電話:0361-974153
営業時間:7:00~23:00
定休日:ヒンズー教のお祭りの日

※データは記事公開時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。