木彫りで味のある一点物 チェコのマリオネット

 

 

古くから人形劇が盛んなチェコ。他国とは違い、チェコの人形劇は単なる娯楽ではなく文化です。

その背景には長年に渡ってドイツを始め、オーストリアやポーランド、ハンガリーなどの周辺国からの支配を受け続けてきた歴史があるのですが、自分たちの言葉を禁じられ、大切な文化を取り上げられ、他国の政治を押しつけられたチェコ人がアイデンティティの拠り所としたのがこの人形劇。

チェコには至るところにマリオネット劇場があり、気軽に人形劇を楽しめるのはもちろん、国立マリオネット作家養成学校まで設立し、国を挙げてマリオネット文化を保護育成。

マリオネット専門店ともなると無数にあり、既製品から完全オーダーメイド品までありとあらゆるマリオネットが揃っています。

チェコのマリオネットはその抑圧された歴史から、骸骨や悪魔、魔女など不気味なマリオネットが多く、その精巧さと相俟って、正直かなりリアルで怖いです(笑) もちろん、動物や鳥、ピノキオなど可愛いマリオネットも沢山あるので、ご心配なく。

チェコのマリオネットは木彫りで味があり、安くても高くても総てが1点ものの手作り製品。店によって、作り手によって表情が違うので、自分のお気に入りを探すのも楽しいと思います。

小さくて安いものであれば3000円前後で買えるので、1体いかがでしょうか。

■Bejvávalo (ベイヴァーヴァロ)
住所:Jilská 22, 110 00 Praha 1
電話:+420 224 234 947
営業時間:10:00~20:00
定休日:無休
アクセス:Staroměstská(メトロA線)から徒歩5分

※データは記事公開時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。