甘いデザートのものから塩味の食事用のパラチンキまで

 

 

チェコの伝統的なおやつ(またはデザート)で、クレープのようなもの。ルーマニアやハンガリー、オーストリア、ブルガリアなどの周辺諸国でも食べられます(国によって名前は若干異なり、特徴もそれぞれありますが)。
普段からクレープや生クリームが好きな人がチェコに行くときには必ずおすすめしています。

ごく薄く焼いたクレープ状のパンケーキでジャムなどを包み、その上に色々なトッピングが乗せてあります。中に包むものやトッピングはお店や家庭によって様々ですが、ごく定番のパラチンキは比較的シンプル。ジャム、カッテージチーズ、レーズン、くるみなどを包んで、生クリームが少しトッピングされています。

豪華版だと、季節のフルーツやアイスクリーム、チョコレートソースなども加わって、見た目も華やかに。お店によっては、たっぷりのアイスクリームやフルーツをクレープで包み、その上にこれでもかというほど大量の生クリームやチョコレートがトッピングしてあることも。旅の間に一度くらいは、この巨大なパラチンキに出会えるといいですね(複数回だとうんざりする可能性も…)。

野菜やお肉を包んだ、食事としていただける塩味系もあります。

■パラチンキ(palacinky)
購入可能場所:チェコ内のレストランなど

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。