上海で最も有名なお店の小龍包を小吃!

 

 


上海といえばおやつ食べ歩きの小吃!小吃といえば、小龍包!ですね。

上海で一番有名な小龍包のお店といえば、『南翔饅頭店』です。こちらは、日本でも展開されているお店ですが、やはり本場を味わってみたいところ。観光で必ず行く「豫園(ユーエン)」の中にもお店があるので、休憩がてら立ち寄ってみてください。
 

 

こちらはイートインとテイクアウトの2つの窓口があります。テイクアウトが1階、レストランが2階、3階となっています。ただしどちらも行列が…。並ぶのは避けたいという方は、テイクアウトをおすすめします。周辺には立ち食いするひとたちで溢れているので大丈夫です、笑。

テイクアウトできるメニューは豚肉の小龍包16個入りのみ。これで12元とかなりリーズナブルです!黒酢をたっぷりかけて頂きます。ガラス張りの厨房で、職人さんたちが小龍包を作っている姿が伺えます。素早い動作で一つ一つ丁寧に作られており、お見事といったところです。

レストランのほうはたくさんの点心のメニューがあります。2階と3階でランクが異なり、2階のほうがリーズナブル。食券を買って注文します。点心のセットで50元、他にアラカルトがたくさんあるのでお友達とシェアもいいですね。

中国政府からも何度も表彰されている、名店『南翔饅頭店』でぜひ絶品小龍包を楽しんでみてください。

■南翔饅頭店
住所:上海市豫園路85号
電話番号:(021)-6326-5265
営業時間:外:10:00~21:00,1階:7:00~20:00,2階9:00~19:00,3階:10:30~18:30
定休日:無休
アクセス:豫園商城内、中央の九曲橋そば。

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。