季節限定、大聖堂周辺で見られるアイルランドらしい光景とは

入り口

中身は見られない特別な日とは

アイルランドの一大イベント、セントパトリックデーのパレードの終点もここだったりと、季節によってはよりアイルランドらしい光景が見られるセントパトリック大聖堂。ダブリンのいくつかの大学もこの大聖堂で卒業式を行います。メインの卒業シーズンである11月や12月には、角帽にマントを羽織った学生たちの姿が大聖堂周辺で見られ、その光景はなかなか画になります。

内部

教会での卒業式の光景は少々ハリーポッター風?

ただし卒業式当日は大聖堂は貸し切りになり内部は見られないということもあるので、そんな時は大聖堂横のセントパトリック・パークで一休みしながら外観を眺めてみてはいかがでしょう。大聖堂は、ダブリンの中心地からアクセスしやすいので、後日出直して内部をじっくり見ることもできると思います。

 

セントパトリック大聖堂へのアクセス

パーク

大聖堂横には広々としたセントパトリック・パークが広がる

大聖堂へのアクセスは非常にシンプル。トリニティカレッジを起点にした場合、正門に背を向け、デイムストリートを上がっていくと、右手にクライストチャーチが見えてきます。クライストチャーチに着くとその左手側にセントパトリック大聖堂が見えます。クライストチャーチ以降道が3つに分かれているのですが、大聖堂の見える方に左折してまっすぐ進むと5分もしないうちに入り口に着きます。教会の横の広々とした緑豊かな公園セントパトリック・パークにはベンチなどもあり、一息つくにはぴったりです。アイルランド名物とも言えるブラウンブレッドのサンドイッチをどこかで調達し、ここでランチをするのもおすすめです。

■セントパトリック大聖堂
住所:Saint Patrick's Close, Dublin 8
入場料
大人:5.5ユーロ
学生:4.5ユーロ
2013年定休日:12月24~26日
www.stpatrickscathedral.ie

※上記データは記事公開時点のものです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。