お金を使うときに「本当に必要か」を考えさせる教育

一般的に汚いものと言われることが多いお金ですが、我が家ではとても大切なものだと教えています。大切だからこそ、必死になって貯め、使うときには本当に必要なものかどうかよーく考えるように言ってます。

自分で使うものは自分のお金で買う

お手伝いをすると1つのことに1円をあげるようにしてます。1円を無駄にしないようにということで、何をしても1円という設定をしています。1年生の娘は最近貯金をすることに興味を覚えてきたので、1円玉が貯金箱いっぱいになると、銀行に行こうって言います。学用品も自分で買うって言うときは、自分で買わせています。鉛筆や消しゴムは自分の貯めたお金で買うと、とても大切に使います。

学校で教えてくれないからこそ、時間をかけて学ばせる

無理やり、貯金がよいとか、買わないほうがよいとかは言わず、基本的に自分で考えさせるようにしています。お金の使い方、重要性は学校では教えてくれないところなので、お金について何か聞いてきたときには、時間をかけて話し合うようにしています。

お金は汚いものではなく、大切で必要なものである、と堂々と言える大人になって欲しいと思ってます。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。