当時の贅を尽くした素敵な建築様式

 

 

1937年(昭和12年)に建てられた旧第一勧業銀行ビル。「長野県史・ 建造物編」や「日本近代建築総覧」、「登録有形文化財」にも登録された瀟洒な趣をそのままホテルに生まれ変わらせたのが「アルモニービアン」です。

手焼きのガラスがはめ込まれた驚くほどの高さを持つ窓、9m近い吹き抜けの空間、銀行時代の金庫をスケルトンにした扉など当時の贅を尽くした建築様式は本当に素敵です。

メインの通りから少し入ったところにあるホテルの入り口をくぐると、そこには歴史のある建物にもかかわらず、中は一流ホテルさながらのスタイリッシュな空間が広がっています。スタッフの対応も実に丁寧なので、気分良く一日を終わらせることができるはずです。
風情ある街に来たのなら、ホテルも合わせて素敵なところを選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

宿泊のみならず、ランチもやっているので気軽に訪れることもできるのが嬉しいポイント。1000円~1500円でコース料理が味わえるから、気軽に寄ることができそう。夜はライトアップされた外観が幻想的な雰囲気を作り出しているので、前を通るだけでも素敵です。

今と昔がバランスよくミックスされた松本らしい、おすすめのホテルです。

■アルモニービアン
住所:長野県松本市大手3丁目5-15
電話番号:0263-35-4500
営業時間:チェックイン 15:00~24:00、チェックアウト 11:00
アクセス:車 長野自動車道 松本ICから158号線を松本城方面へ3km、
電車 JR「松本」駅下車 松本城方面へ 徒歩10分
HP:http://www.harmoniebien.com

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。