ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
「アフタヌーンティー」本格スタート

ニューヨークラウンジ。テーブルやソファの間隔も、ゆったり

ニューヨークラウンジ。テーブルやソファの間隔も、ゆったり


昨年12月19日、ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ1階に「ニューヨークラウンジ」がオープン。ラウンジ営業と同時に本格的アフタヌーンティーのサービス提供が始まりました。
重厚なインテリアと壁面装飾

重厚なインテリアと壁面装飾


ニューヨークのクラブをイメージしたという洗練された店内は、視線を釘づけにするほどきらびやか。

遠くから見ると、全体的に統一感があって、すべて同じテーブルとソファに見えることでしょう。しかし、ラウンジの各テーブルとそれを取り囲むソファは、テーブルごとに違います。テーブルの形や色、素材、ソファの形、生地、色などが異なることに気が付きます。そのうえ、テーブルを囲んだソファの空間が、それぞれひとつの部屋として成り立っているかのようでいて、全体としてバランスが取れているのです。

さらに、壁やテーブルなどに使われる大きな鏡の効果が抜群。ソファに腰を下ろして見渡すと、いろいろな角度から、装飾品が目に飛び込んできます。豪華でありながら、モードとキュートさを兼ね備えたシャンデリアにも引き付けられます。

ここでどんなアフタヌーンティーが提供されるのか、ご紹介しましょう。

“ヘルシー、ビューティ、フレッシュ”をコンセプトにしたアフタヌーンティー

アフタヌーンティーセットundefined3500円(税込・サービス料込)

アフタヌーンティーセット 3500円(税込・サービス料込)


”ヘルシー、ビューティ、フレッシュ”というのは同ホテルのレストラン全体のコンセプト。アフタヌーンティーのメニューを構成するうえでも欠かせない要素だとか。
クロワッサンのサンドウィッチや暖かいスープなど、フレンチレストランの厨房で作られます

クロワッサンのサンドウィッチや暖かいスープなど、フレンチレストランの厨房で作られます


半コース仕立てでサーブされるアフタヌーンティーは、プチサンドウィッチ&アミューズプレートから運ばれます。

お客様の体をまず温めてもらうため、必ず暖かいスープをつけるそうです。今回はカリフラワーのスープ。プチサンドウィッチは2種類(生ハム、エビとアボカドクリーム)。クロワッサンでサンドしており、バターの風味を感じるサクサクのクロワッサン皮に、上質で上品な仕立ての素材がマッチしています。

小さなプチタルトにはツナクリーム、その上に湯むきしたプチトマトをトッピング。上の写真左端はオクラの素揚げスティック、ゴボウスティック、ホースラディッシュクリームが包まれたコルネ。ゴマを練り込んだというサクッとした生地に、ホースラディッシュのやわらかいクリームが溶け合います。ホースラディッシュのツーンとした香りの抜け具合が絶妙。これらはすべてフレンチレストラン厨房で作られたものだから、どれ一つとっても繊細な味が楽しめます。

甘さ控えめのスコーン3種。クロテッドクリームとジャム2種類(メニューに合わせて変更)

甘さ控えめのスコーン3種。クロテッドクリームとジャム2種類(メニューに合わせて変更)


プチサンドウィッチ&アミューズプレートに続いて運ばれるのはスイーツプレート。スコーンは3種類(プレーン、紅茶、トマト)、温められてきます。皮がカリっと、中はふわふわ、そして甘さ控えめ。スコーンに添えられるのは、クロテッドクリームとジャム2種類。現在のジャムはストロベリーとプラリネ。スコーンに合うようにこちらも季節によって変わるとか。


上品な味わいのスイーツたち。だからこそチョコレートケーキのビターでコク深さが際立ちます

上品な味わいのスイーツたち。だからこそチョコレートケーキのビターでコク深さが際立ちます



焼き菓子などもこんなにたくさん。すべて風味が異なります

焼き菓子などもこんなにたくさん。すべて風味が異なります

スタンドには、焼き菓子プレート(下段)と、ケーキプレート(上段)。焼き菓子は、マカロンやクッキーなど、種類も豊富。粉系スイーツにとどまらず、甘酸っぱい果汁の味を固めたパート・ド・フリュイ(写真はアプリコット味)もあって飽きませんね。スタンド上段には、チョコレートケーキ、ショートケーキ、フルーツタルト。タルトは季節のフルーツなどを使っています。現在は旬のいちごや、ラズベリー、クランベリーなど6種類の果実をトッピング。チョコレートケーキは、ビターで濃厚なガトーショコラのようなテイスト。ショートケーキは、グラス入り。同ホテルのパティスリーでも人気のショートケーキのミニ版。グラスで提供するのが同ホテルスタイル。グラスの底にシロップ漬けのスポンジを敷き、甘さ控えめの生クリームにイチゴをあしらっています。

美味しさとボリュームを兼ね備えたメニューに、どんなお茶を合わせましょうか。