思わずジャケ買い! パッケージに魅了される商品大集合!

ジャケ買いみやげ

あっかわいい!と思わず手にとったものが、意外にも品物自体もおみやげ向きだったりするのが楽しい

さて、最後はとにかくパッと見て心をくすぐられる、まさにパッケージデザイン勝ちの商品の一例を紹介していきましょう。

上の写真に写っているのは、左から時計回りに、ブルーベリーのミュスリ(穀物たっぷりシリアル)、前ページにも登場したコーヒー保存缶、マフィン用グラシンカップ、国産れんげ蜂蜜のミニカップ、です。手にとったきっかけはデザインの愛らしさとはいえ、実際なかなかお土産向きでもあるでしょう。

ウェットティッシュ、洗浄剤など

思いがけないものも、日本で目にする形状やデザインを覆してくれる

続いてこちらは、用途を知っていささかびっくり、下から時計回りに、ウェットティッシュ、トイレの芳香洗浄剤、生理用品であります。

街の散策中にも何かと活躍するウェットティッシュは、香りもナチュラルでパッケージも可愛らしく評判。「トイレの花」と名付けられた芳香洗浄剤は、日本ではタンクの上に置くタイプが主流ですが、こちらでは便器の脇にさり気なく引っ掛けて使うタイプ。色や香りもさまざまです。最後に、生理用品もこんなに可愛らしいパッケージに包まれていたら、恥じらいなく堂々と買える!? ちなみにフィンランドでは何を買ったからといって、特別に不透明な袋に入れてもらえるサービスはありませんので、あしからず。

ヴァリオ

フィンランドの乳製品王道メーカー、ヴァリオ社の商品は、何をとってもまずパッケージがかわいいと評判だ

安全に持ち帰るには保冷の一工夫が必要だけれど、乳製品コーナーにも、思わず目に飛び込んでくる魅力的なパッケージデザインの商品がたくさん。特にその傾向を牽引しているのが、フィンランド屈指の乳製品・飲料メーカー、ヴァリオ(Valio)社の商品たち。いずれも個性的なマスコットキャラクターが存在したり、乙女心をくすぐられるビビッドで大胆な色柄が目立つのが特徴です。写真に写るのは、どちらもヴァリオ社から出ているクリームチーズと、エダムチーズ。パッケージだけでなく、ヴァリオの商品は味や品質もお墨付きです。

スパイス

フィンランドの食卓に欠かせないスパイスやお菓子作りのアシスタント商品は、見た目もかわいくてついたくさん置き並べたくなる

最後に、フィンランドのスーパーでは意外にもスパイスコーナーが必見。料理やお菓子作りにさまざまな香辛料を用いることが多いので、日本では専門店に行かないと見かけないようなマイナーなスパイスまでもが、ずらりと取り揃えられていて、圧巻です。スパイス類はいずれもボトルやパッケージがかわいいのも魅力。ついたくさん買い込んで、キッチンに並べたくなってしまいます。特にフィンランドらしいものを選ぶとすれば、魚料理やジャガイモの風味付けによく使われるディル(Tilli:ティッリ)や、フィンランド版シナモンロール(Korvapuusti:コルヴァプースティ)の隠し味に欠かせないカルダモン(Kardemumma:カルデムンマ)などでしょうか。

またスパイスの他に、パンやお菓子作りに不可欠のベーキングパウダーや、デコレーション用のチョコスプレー、アイシングペンシルなども種類豊富で、見た目もおしゃれ。料理好きさんにプレゼントすれば、きっと喜ばれることでしょう。

さあ、以上何か気になるものは見つかりましたか? まだまだ掘り出し物がたくさん眠っている宝の山のようなスーパーマーケット探検、ぜひ現地で楽しんでください!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。