キャンプのメインイベント、焚き火を楽しむ

スノーピークの焚火台

スノーピークの焚火台

キャンプの醍醐味といえばやっぱり食事。骨付きカルビにジャガバターといった定番のBBQを外ですると本当に楽しいです。オートキャンプ場では焚き火が禁止なところもありますが、おすすめの焚き火台があれば大丈夫です。

焚き火台というのは焚き火をするための台のことです。焚き火台を用意するメリットは防災上、直火禁止のオートキャンプ場でも、焚き火台なら使用してもいいというところがほとんど。

キャンプのメインイベントである焚き火台のBBQを楽しんでこそ、オートキャンプがさらに素晴らしい思い出となるはずです。ですが、焚き火台と一口でいっても実は色々な種類があります。そこで、オートキャンプ初心者でも簡単に使える焚き火台の特徴を紹介します。

まずは何より持ち運びが便利なこと。キャンプ場で使うなら当然なわけですが、収納以外にも撤収の容易さも考慮に入れるといいでしょう。また焚き火に重要な空気の取り込みについても注意が必要です。薪を燃やせば火はつきますが、思ったよりも火力が大きくなったり、逆に小さかったりします。

他にも焚き火台の使用人数も考慮に入れてください。焚き火台の炎を囲み、皆で暖まるにはあまり火が大きいと困りますので、大きい焚き火台よりは小さめがいいでしょう。焚き火を観賞用だけに燃やす人はあまりいないと思いますが、調理に使うなら実用性が高いオプションがついた製品がいいでしょう。

上にあげた特徴を完全に網羅とはいいませんが、一つおすすめの焚き火台があります。それが「スノーピークの焚き火台」です。材質はステンレス、収納ケース付きです。サイズはS、M、Lと3つあり、それぞれの用途で使い分けることができます。Lが焚き火用で、Mが調理用といった感じにするといいです。また、使用した後は完全に折りたためるのでコンパクトです。グリルブリッジ、グリルネットとオプションも充実しているのも嬉しいです。

■スノーピークの焚火台
サイズ:450×450×300mm
収納サイズ:560×640×32mm
材質:本体/ステンレス、ケース/ナイロン 重量:5.3kg

価格:焚火台L(16,590円)
購入できるお店など:スノーピークオフィシャルサイト
URL:http://www.snowpeak.co.jp/catalog/products/list/91



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。