多くの女性の肌悩みとして挙げられる、毛穴トラブル。前回の記事「どうにかしたい!『毛穴の悩み』の原因と対策【前編】」では、毛穴トラブルの種類についてお伝えしました。自分の毛穴トラブルの種類がわかったら、あとは対策あるのみ。今回は毛穴タイプ別の対策をご紹介します。

おさえておきたい毛穴の基礎知識

undefined

「肌は毛穴の集合体」といっても過言ではありません!

顔には、約20万個もの毛穴があるといわれます。そのため、毛穴の状態が肌全体の印象を左右するのです。

また、「毛穴が大きくなる」という表現をよく耳にしますが、実は毛穴そのものの大きさは一生のうちでほとんど変わらないといわれています。毛穴は温度が高くなると開き、低くなるとキュッと閉じる性質を持っていますが、角栓の詰まりや皮膚のたるみ、また空調やストレスといった影響で毛穴の開閉がうまく行われずに開きっぱなしになると、結果として大きくなったように見えるのです。

毛穴トラブルを解消するためのスキンケアとしては、まずは毛穴に詰まった汚れや皮脂を取り除き、水分と油分のバランスを整えるのが基本です。また、たるみ毛穴の場合はエイジングケア、メラニン毛穴の場合は美白ケアや紫外線対策も同時に行いましょう。

「温ケア」と「冷ケア」、どちらが効果的?

肌の表面を温めて毛穴をゆるめるのが「温ケア」で、冷やして毛穴を引き締めるのが「冷ケア」です。

毛穴の詰まりを取り除くには「温ケア」がおすすめ。スチーマーや蒸しタオルで温めて毛穴を開かせた後、洗顔やクレンジング、オイルマッサージなどを行いましょう。

毛穴の開きが気になる時は「冷ケア」を。収れん化粧水を含ませたコットンなどでやさしくパッティングすると、毛穴がキュッと引き締まります。

また、「温ケア」と「冷ケア」を繰り返すと、毛穴の開閉エクササイズになり、たるみ毛穴の改善に効果的。最後は「冷ケア」で終えるようにすると、皮脂分泌が抑えられ化粧崩れなどもしにくくなります。

>>次のページではいよいよ、毛穴タイプ別の対策をお伝えします!