お気に入りの厳選ビューティーツール!

ヘアメイクという仕事柄、ビューティーツールがビックリするほど家にひしめいています。それにプラスして毎シーズン新製品もチェックするから、試したツール数は数えきれないほど! そんな数ある中から私のお気に入りの“ビューティーツール”を今回は3つご紹介したいと思います。
撮影のお仕事だけじゃなく、プライベートでも持ち歩いてます

撮影のお仕事だけじゃなく、プライベートでも持ち歩いてます


洗面所やドレッサー、置き型ミラーなど、どんな鏡を使ってメイクしてますか? 全体のバランスをチェックするなら、大きな鏡で引いて見ることが大事です。アイメイクの細かいところまでしっかりチェックするなら、拡大鏡が付いているタイプがおすすめ。「アストレア ヴィルゴ スキンチェックミラー」は等倍と10倍鏡がセットになっていて、なんと驚きの945円!! お買い得です。手になじむ大きさと質感も使いやすいですね。

チークがイマイチ決まらない……。そんな時は、ブラシを変えてみては? チークは毛量のしっかりあるブラシでつけた方が、簡単かつキレイに仕上がります。だから、多少高くてもずっと使えるのでよいものを選んで買って下さいね。「ベアミネラル バフ&ゴー ブラシ」は、粉ぶくみのよいヤギ毛で毛量もちょうどよく、肌へのタッチも気持ちいいブラシです。キャップ付きなので、ポーチに入れて携帯にも便利!!

最後は印象的な目元を作るのに欠かせないビューラーです。中々自分の目のカーブにぴったり合うものを見つけるのって難しいですよね。特に短くて少ないまつ毛さんは、目元がさみしげになってしまいがち。「SUQQU アイラッシュ カーラー」なら短くて少ないまつ毛でも、目のキワにぴったりフィットして根元からぐいっと上げることができますよ。くるんと上向きカールで目元美人を目指しましょう。


アイメイクに欠かせない綿棒

他にもあると便利なツールと言えば、綿棒! 綿棒はアイカラーやラインをなじませたり、余分なところについたマスカラをオフしたり、細かい微調整に必ず1本は使います。メーカーはどこのでもOKですが、私は巻きのしっかりした紙軸のタイプが好きです。

最後に綿棒を使った裏ワザメイクテクを1つ。アイラインを引くときに、力の加減が上手にできずラインがくっきり太めに入りすぎてしまう人。一重まぶたで細いラインじゃ埋もれてしまうけど、太く入れると怖い印象になってしまう人は是非トライしてみてください。

1:まず綿棒の先端をつぶします。ペンシルライナーの先端を綿棒の先につけ、綿棒を回すように色をつけます。
2:まぶたを持ち上げ目頭から目尻に向かって綿棒でまぶたのキワにラインを引き、最後に目尻のハネをつくります。ペンシルをぼかしたような自然なラインが綿棒ならラクラクです!


■DATA
「スキンチェックミラー WH (ホワイト)」
925円 アストレア ヴィルゴ

「バフ&ゴー ブラシ」
3675円 ベアミネラル

「アイラッシュ カーラー」
2100円 SUQQU
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。