美腸こそがダイエットへの近道

美腸がダイエットのカギ

美腸がダイエットにつながる

私たちが食べ物を食べると、胃腸で消化・吸収された後、大腸で栄養分の残りカスが最終処理され「便」となって排出されます。 つまり腸が汚れていれば、消化・吸収がスムーズに行われず栄養素もうまく体中にいき渡りません。栄養素がスムーズにいき渡らなければ代謝も下がり、お腹もポッコリ。これではダイエットもうまくいきません。

大腸にはたくさんの腸内細菌が存在し、その性質によって善玉菌、悪玉菌に分けられます。悪玉菌が繁殖しすぎると腸内で腐敗が進み、便やおならが悪臭を放つ原因となります。そして、「便秘」だけではなく「下痢気味」の方も要注意!! 下痢も、便秘と同じように腸が正常に働いていないサインです。また、おならが臭い人は、悪玉菌のエサになる肉などの動物性食品をとり過ぎている可能性があります。

「便」は黄金色でバナナくらいの固さと形が理想です。毎日排便できている方でも、下痢気味の方やおならが臭い方は、腸内環境をよくする習慣をつけていきましょう。

腸内は目に見えるものではないので見過ごしがちですが、毎日の食習慣を改善し「美腸」を目指すことは、代謝アップやダイエットまた美肌にもつながります。

「美腸」への近道は朝食にあり 

□朝は時間がなく、ゆとりがない     
□朝食は食べない
□目覚めがスッキリしない


朝の時間が腸をキレイにする

朝の時間を大切に

あなたはいくつ当てはまりますか? あてはまる人は腸力が低下している可能性があるので注意が必要です。

便は脳からの指令により排泄されます。つまり腸の動きは自律神経によって左右されているのです。特に腸は、副交換神経が優位なリラックスしているときによく働きます。朝忙しくてトイレの時間をゆっくり取れない人やストレスなどであまり眠れず目覚めがスッキリしない人は、交感神経が優位になり、腸に影響を与えます。

少し早めに起きて朝のトイレの時間をゆっくり作ることや、朝食を食べて腸を刺激することは美腸にとってとても大切なことです。またダイエットのために食事量を減らしている人は、逆に代謝を下げ便秘の原因にも。出すためにはまず「食べること」から意識していきましょう。

次のページでは美腸に近づく食材と朝食メニューを紹介します。