日本が誇る伝統文化「将棋」

「将棋」それは、8種類の駒と81マスの盤を用いて行われる「知の競技」だ。一生の趣味としてはもちろん、日本人のたしなみとしても、国際交流などに役に立つこと間違いなし。では、将棋を学ぶには、どうすればいいのか。知ってる人に教わるか、将棋教室や将棋道場に行ってみるのが一番です。周りにそんな人がいなかったり、教室や道場が近くにない場合には?そんな人もご安心あれ。All About 将棋ガイドの有田が深遠なる将棋の世界へご案内しましょう。

現代の将棋:3つのスタイル

■対面将棋:実際に人と人が対局
将棋,準備

対面将棋


将棋仲間として、ぐんと交流感が深まりますが、対局場所や道具(駒・盤)が必要。

■ネット将棋:ネットを通じて誰かと対局
将棋,準備

ネット将棋


PC、携帯など、いろんなメディアで、24時間いつでも対局可能。

■将棋ソフト:将棋ソフトを利用して対局
将棋,準備

将棋ソフト


一番手軽。将棋ソフトが必要。

対面将棋に必要な駒と盤

将棋は駒と盤の用意から始まる。駒も盤も、びっくりするほど高級な品から、お手頃価格な品まで様々ある。専門店じゃなくても、デパートや文具屋さんなどにも置いている場合があるし、ネットで「将棋セット・通販」と検索すれば、簡単に見つかる。初心者が購入する場合、1,500~2,500円程度のものがおすすめ。

将棋,準備

合皮盤


駒は、プラスチック製や木製などがあるが、なんでもかまわない。また、盤も木製(新桂など)や合成皮製(ソフマット)などがあるが、1辺の長さが30cm以上あればOK。

将棋,準備

手作りのカードケース盤


もっと安くはじめたいなら、駒だけを買う方法もある。通販ならこれなら500円前後。盤はB4サイズのソフトカードケースの裏に油性ペンで81マスの枠を書いたもので十分。

「ネット将棋」は、ID登録から

ネット将棋用にいろんなサイトがあるが、最も会員数が多いのは公益社団法人日本将棋連盟のサイト『将棋倶楽部24』。こちらを例にガイドしていこう。このサイトは無料で使え、24時間利用可能。登録には以下のような情報が必要である。

  • ユーザ名:英数半角文字(及び空白と-と_と.)で6文字~16文字。登録後の変更はできない。
  • パスワード:英数半角文字で1文字から16文字。登録後に変更可能。
  • 携帯電話番号
  • E-mail
  • パスワード再送信用:後で変更可。
  • 棋力:自分の段級を設定。まずは「初心者」クラスで。
  • 所在地
  • 紹介文

これで、あなたも「24」会員。世界中の人と対局できる。

「将棋ソフト」ならソフトの入手から

人工知能理論の進化によって、将棋ソフトはどんどん強くなってきてる。プロ棋士にも勝てるソフトさえ出現してきた。今や、入門者から高段者まで、誰でも楽しめる相手になっている。また、多くの市販ソフトには「次の一手」を教えてくれる機能がついているから、対局で楽しむだけじゃなく、将棋を学ぶこともできる。

市販ソフトなら、まず、「ハズレ」はない。最新バージョンじゃなくても、入門者にとってはノープロブレム。廉価なリバイバル版でOK。また、最初にお金はかけたくないって場合は、無料ソフトを入手しよう。「将棋 無料ソフト」で検索するとたくさん出てくる。

【関連記事】



■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。