鍋なら効率的にIGF-1が増やせる

毛根イメージ

鍋が毛根にある毛母細胞を活性化させる?

髪の毛は、毛根にある毛母細胞の分裂によってつくられるもので、伸びては抜け、再び生える「ヘアサイクル」を繰り返しています。薄毛が気になる男性の多くは、このヘアサイクルが乱れ、本当なら成長期にあるべき毛母細胞が正常に分裂せず、結果として、髪が抜け落ちてしまう状態に陥っていると考えられます。

ヘアサイクルを正常な状態に戻し、毛母細胞をどんどん増やすためにはどうすればいいか? その答えとして、私は人間の体内に存在する「IGF-1」に着目し、研究を続けてきました。発毛因子であるIGF-1を増やして働かせれば、毛母細胞を活性化し、発毛・育毛を促進できる可能性が高まるからです。そして、IGF-1を増やすためにカプサイシンとイソフラボンを同時に摂取することが大切と提唱し続けてきました。

この二つを手軽に摂取する方法として今回オススメしたいのが「鍋料理」です。簡単につくることができ身体が温まる鍋は、カプサイシンとイソフラボンを手軽に効率よく摂取できる、まさに「男のヘアケア」イチオシのメニューなのです。

薄毛予防にオススメの鍋素材はコレ

唐辛子イメージ

トウガラシは鍋に相性の良い食材です

ひと口に鍋料理といっても、その種類はさまざま。寄せ鍋、水炊き、湯豆腐、もつ鍋、ちゃんこ鍋、かき鍋……どれも美味しそうですが、IGF-1を増やして、育毛力を増強するという目的に照らすと、選ぶ素材には少し注意が必要です。

ポイントは、カプサイシンとイソフラボンを含む素材を増やすこと。鍋向きで、なおかつカプサイシンとイソフラボンが多い食材では、キムチ、豆腐、豆乳、厚揚げといったところが定番です。

その他にもIGF-1を増やして、髪の毛、頭皮の健康に好影響を与える鍋向き食材はいろいろあります。以下の食材も覚えていただき、鍋はもちろん、普段の料理にも意識して取り入れてみてください。
  • 魚、卵、鶏肉……魚のDHA, イカのタウリン、鮭のアスタキサンチン、および卵黄のホスファチジルコリンなどはIGF-1を増やし、鶏肉は、髪の毛の主成分となるタンパク質を多く含む
  • 野菜、果物類……これらに含まれるビタミン類やポリフェノールはIGF-1を増やす
  • 牡蠣、ワカメ、ヒジキ、牛レバー、シジミ、アサリ……これらの食材は、それぞれ、亜鉛、アルギニンやフコイダン、豊富なビタミン類、オルニチン、およびタウリンなど、IGF-1を増やす成分を多く含む
では、次ページでいよいよ育毛力増強鍋レシピをご紹介しましょう。