子供達に大人気のスイーツネックレス

出来上がり

 

欧米の幼稚園・小学校で開かれるバレンタインパーティーはとても盛大です!でも子供達はどんなことをしてパーティーを楽しんでいるのかご存じですか?

バレンタインデー当日、子供達はたくさんのカードやお菓子、ちょっとしたプレゼントをもらってくるので、子供達はそれを持ち帰るための箱や袋の飾り付けをします。他にはビンゴやぬり絵を楽しんだり、家族へ贈るカードや写真立てなどハートをモチーフにした工作を楽しみます。だけど一番の楽しみはクッキーやカップケーキなどのお菓子にバレンタインらしいデコレーションをして、それをみんなで食べることなのです!

今回はバレンタインパーティーのアクティビティとして子供達に人気のあった、本物のお菓子で作る食べられるスイーツネックレスを紹介します。ネックレスの紐にはラムネ菓子、先端にはチョコレートがついております。欧米では「キャンディーネックレス」と言うラムネでできたネックレスが市販されていますが、穴の開いた小さなラムネは日本では手に入りにくいので笛ラムネで代用しています。
スイーツネックレス

お菓子でできたスイーツネックレス


スイーツネックレスの作り方

材料:ハート型チョコ 1個、笛ラムネ 6個、白いゴムひも 60cm、リボン 8cm×8本、赤い画用紙、ピンクの画用紙

ハート画用紙

 

1.画用紙でチョコレートより一回り大きなハートを1つ、二回り大きなハートを1つ作ります。2枚のハートを貼り合わせ、その上にチョコレートを置き両面テープで貼り付けます。

 

紐通し

 

2.画用紙で小さな長方形を作り、大きい方のハート型の画用紙の後ろにテープで留め、ゴム紐の通し穴を作ります。

 

紐

 

3.ハート型の紙に付けた通し穴にゴム紐を通します。

 

ラムネ

 

4.両方の紐に笛ラムネを3個づつ通します。

 

完成

 

5.ラムネの間にリボンを結びます。リボンが結べない子供ならワイヤータイにしても可愛いです。

 

欧米の子供達はスイーツネックレスを首にかけたまま遊んでおりましたが、衛生上の問題もありますので、ネックレスを作った後は、必ずすぐに食べるようにしてくださいね!
全体

 

>> 友チョコの簡単なラッピング方法はこちら 
>> 簡単手作りバレンタインカードの作り方はこちら 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。