「大建中湯」はどんな人・どんな症状にいいの?

蜀椒

山椒の果皮は熱性で、冷えによる痛みや嘔吐によい生薬。また湿気を取るので、夏バテ防止のうなぎ+山椒はベストの組み合わせ!

寒さなどで、カラダを温める機能が低下して起こる腹痛、嘔吐、頭・足の痛み、お腹の張りに。冷えて消化機能が衰えているタイプにオススメ。

「大建中湯」の効果

腹痛、嘔吐、膨満感、胃けいれんに。回虫による腹痛、腸閉塞、胃拡張、腎臓結石などに応用することもあります。

「大建中湯」に入っているもの

蜀椒(サンショウの成熟果皮)、乾姜(ショウガの根を乾燥したもの)、人参(オタネニンジンの根)、膠飴(米などに麦芽を加えて糖化した飴)。

「大建中湯」が合わない人

冷えを改善し、胃腸の働きを高める処方ですが、胃に熱がこもっていたり、炎症がある場合は不向きです。

「大建中湯」の飲み方などの注意点

■飲む時間
一般的には食事と食事の間の空腹時、食事の前の30分前など、お腹が空で胃に吸収されやすい時期に飲みます。胃腸が荒れやすい人は食後、通便させるクスリは空腹時の服用を勧める場合もあります。なお、食間に飲み忘れた場合は食後でいいので、飲みましょう。

■「水」or「白湯」?
症状によって、冷たい水で飲むほうが効果的な場合(その反対も)もありますが、基本的には生薬を水で煎じた「煎じクスリ」の場合は、人肌に冷まして飲みます。生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。

「大建中湯」の副作用

体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質など場合、不快な症状や副作用が出る場合があります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

「大建中湯」が買える場所

漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。
代表的な商品名:(アイウエオ順)

  • コタロー大建中湯エキス細粒[医療用] (小太郎漢方製薬)
  • 大建中湯 細粒剤[医療用] (JPS製薬)
  • ツムラ大建中湯エキス顆粒[医療用] (ツムラ)

「大建中湯」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア>

辛甘補陽の生薬で構成され、中焦の陽虚陰盛による腹痛嘔吐(陰寒の上逆)を改善するクスリです。

■具体的な生薬の効能
蜀椒と乾姜が、カラダの冷えを改善し消化機能を高めます。とくに蜀椒は駆虫作用があり、腸管を麻痺させる働きにより、腸の過度な蠕動運動を鎮めることができます。乾姜は、嘔吐や痛みをとめる働きもあります。

人参は胃腸を元気にし、上腹部のつかえを和らげます。膠飴は筋肉のけいれんを緩和し痛みをとめたり、蜀椒の刺激を抑える効果もあります。

「大建中湯」のおまけのエピソード

処方名にある中とは中焦で、胃腸のことを指しています。前回は「小建中湯」を紹介しましたが、こちらのほうが胃腸を温めたり、嘔吐を止める力が強いのが特徴です。

お腹の冷えには「人参湯(にんじんとう)」などが代表的ですが、冷えが強い場合はそれに附子(ぶし)を加えた「附子人参湯」、痛みを伴う場合は「大建中湯」などと、使い分けをするとより効果的でしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項