「小建中湯」はどんな人・どんな症状にいいの?

イメージ

胃腸の弱いお子さんのいる家庭は、覚えておくといい漢方のひとつ

虚弱体質や、温めると痛みが和らぐような、冷えを感じる腹痛に。疲れやすい、貧血、動悸、不眠など、体力がないタイプにオススメです。

「小建中湯」の効果

腹痛、慢性胃炎、慢性肝炎、原因不明の発熱(微熱)、神経症、動悸、習慣性便秘、消化不良、夜泣き、夜尿症などに。

「小建中湯」に入っているもの

膠飴(米などに麦芽を加えて糖化した飴)、芍薬(シャクヤクの根)、桂枝(クスノキ科のケイの若枝や樹皮)、(炙)甘草(マメ科などの根やストロン)、生姜(ショウガの根茎)、大棗(クロウメモドキ科の果実)。

「小建中湯」が合わない人

お腹が張っていたり、吐き気や嘔吐のある場合は用いないこと。

「小建中湯」の飲み方などの注意点

■飲む時間
一般的には食事と食事の間の空腹時、食事の前の30分前など、お腹が空で胃に吸収されやすい時期に飲みます。胃腸が荒れやすい

人は食後、通便させるクスリは空腹時の服用を勧める場合もあります。なお、食間に飲み忘れた場合は食後でいいので、飲みましょう。

■「水」or「白湯」?
症状によって、冷たい水で飲むほうが効果的な場合(その反対も)もありますが、基本的には生薬を水で煎じた「煎じクスリ」の場合は、人肌に冷まして飲みます。生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。

「小建中湯」の副作用

体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質など場合、不快な症状や副作用が出る場合があります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

「小建中湯」が買える場所

漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。
代表的な商品名:(アイウエオ順)
  • 一元 小建中湯 (一元製薬) 
  • クラシエ 漢方小建中湯エキス顆粒 (クラシエ薬品)
  • 小太郎漢方 ショーケン分包[小児用] (小太郎漢方製薬)
  • 小建中湯チュアブル (松浦漢方)
  • ツムラ漢方 小建中湯エキス顆粒 (ツムラ)

「小建中湯」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア>

虚労裏急(お腹のひきつり)の腹痛を改善する処方です。中気の虚弱や虚寒を立て直し、営衛、気血を補います。また、それによって肝血不足による肝気乗脾も改善に向かいます。

■具体的な生薬の効能
主薬は膠飴で、虚弱を治し、痛みや筋肉の緊張をほぐします。芍薬がカラダを潤す血などの栄養分を補給し、桂枝がカラダを温め、主薬の薬効を高めます。

炙甘草は芍薬とともに筋肉の緊張をゆるめて痛みをとめ、大棗は炙甘草とともに各生薬の調和をします。生姜は桂枝のカラダを温める作用を高め、大棗と一緒に消化機能を整えます。

「小建中湯」のおまけのエピソード

小建中湯は、桂枝湯(けいしとう)に芍薬の量を倍にして膠飴を加えたものです。桂枝湯の主薬は桂枝で、発熱や悪寒などが出るカゼの初期症状によく用いられます。処方名の中にある「中」とは、中焦(ちゅうしょう)のことで、消化器機能を丈夫にするという意味があります。

なお、関連の処方もいろいろあります。小建中湯に黄耆(おうぎ)という、気を補い、持ち上げてくれる生薬が加わった「黄耆建中湯」、産後の気血不足などの虚弱によい「当帰建中湯」、そして作用が小建中湯より強めの「大建中湯(だいけんちゅうとう)」という漢方もありますが、こちらは次回詳しくご紹介するので、どうぞお楽しみに。