きれいな肌作りに欠かせない角質とは?

角質とは、肌のいちばん表面にある層で普段私たちが目にしている部分です。つまり肌が、キレイ、美しい、というのはある程度角質を見て判断していることになります。美肌を作るのに欠かせない角質、まずは簡単に肌の仕組みについてご説明します。

皮膚には表皮と真皮があります。表皮の一番上が皮脂膜と角質層で、ここがいわゆる肌のバリア機能を司っている場所です。外部の刺激物質(異物やアレルゲン)や紫外線などを防御するのと、内側の水分を外に逃がさないような役割をしています。

角質層は細胞がブロックのように積みあがって出来ていて、隙間を細胞間脂質という保湿成分で埋めています。角質層の厚みは0.02ミリと驚くほど薄いのですが、20%~30%の水分が含まれていて、これが20%以下になっていることを乾燥肌と呼びます。いかに角質層が美肌にとって大切なのか、ということですね。


角質が厚くなるとくすみの原因に

肌は通常、細胞が生まれてから28日間で自然に剥がれ落ちます。この、お肌の周期(ターンオーバー)が繰り返されることで、ツルツルのすこやかなお肌が保たれるわけです。ところがこの本来はがれ落ちるはずの角質層の細胞が、自力ではがれ落ちることができず、お肌に残ってしまうことがあります。

角質が厚くなる原因として、1紫外線、2過度な摩擦、3間違ったスキンケア、などによる皮膚代謝の低下が挙げられます。角質が厚くなると、まずは肌がくすんできます。また、代謝が低下しているためシミが濃くなったり、色素沈着が目立つようになってしまいます。

古い角質が残った肌は透明感がなくなるだけでなく、角質層が邪魔をするためせっかく化粧水や乳液をつけても、水分、油分などの栄養分が浸透しづらい状態に。肌の正常な働きを妨げてしまうため、小ジワやニキビの原因にもなるため、古い角質はしっかり除去することが大切です。


特に角質が気になるボディケア

古い角質は、スキンケアで取りのぞくことが美肌への近道です。ただし、ゴシゴシこすったり、無理やり削ったりするのは厳禁。角質層を落とし過ぎると、バリア機能が低下して、あらたな肌トラブルが発生する可能性もあるので注意が必要です。

自宅で角質ケアをする場合、一番手軽なのはピーリング効果のある石けんや拭き取りの化粧水を使う事です。ただ、注意も必要で乾燥しやすい目の周りは避けるようにしましょう。角質がたまりやすく、毛穴の目立ちやすい頬や鼻のみでもかまいません。また、使用回数もメーカーが推奨している回数を守る事。やり過ぎもよくありません。拭き取りの化粧水の場合は擦ったりしないようにしてください。また、終わった後はいつも以上に保湿をしていただく事が大切です。角質ケアと保湿はワンセットだと思ってください。

角質が厚くなりやすいボディの角質ケアも、基本は顔のケアと同じです。ただ肘、踵、膝などはふき取りタイプの化粧水では効果があまり出ないことも。スクラブでもコマージュでもかまいませんが、大切なのはあまりごしごし摩擦をしないことです。
厚くなりがちなボディの角質、日々のケアでつるつるに!

厚くなりがちなボディの角質、日々のケアでつるつるに!


自分では取り除きにくい場合は、クリニックできちんと除去してもらってもよいでしょう。ケミカルピーリング(40分)とイオン導入(40分)をすると、つるつるっとした肌に生まれ変わります。背中だと21000円ですが、その他の箇所も相談によって受けつけています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。