この冬のヘッドホン市場

今年のヘッドホン市場も、各メーカーからざまな新機種が登場しました。ゼンハイザーのHD700・HD800、オーディオテクニカのATH-AD2000X、ULTRASONEのSignature DJ、デノンのAH-D7100EMなど注目のハイクラスモデルも多く、ヘッドホン好きには嬉しい年だったことでしょう。

今回は、これらの注目製品を織り交ぜながら、この冬ちょっと奮発して買っておきたいヘッドホンをご紹介します。ただし、”新しくて音がいい”だけでは趣味のアイテム選びとして定番すぎる気がします。そこで、モデルはやや古めでも知名度が高くなくても、聴いておいたほうがいいと思わせてくれる個性派モデルも候補に入れてみました。

Choice 1
シックでスタイリッシュな密閉型ヘッドホン
ゼンハイザー MOMENTUM

ゼンハイザー

一見シンプルに見えますが、実際に装着している姿がカッコいいのも魅力です

ゼンハイザーの中上級ヘッドホンと聞いて、”オープンエア型”を思い浮かべる方は多いことでしょう。素晴らしい広がり感と優しく緻密な音色が特徴で、音楽ファンからもオーディオファンからも圧倒的な支持を集めています。

今年発売された高級モデル「HD700」も期待に違わぬ絶品の音色で、9万円前後という価格さえクリアできれば絶対お勧めです。とはいえ、このHD700はあまりにもガチガチの本命すぎる気がしますので、今回は価格3万円前後のミッドハイモデル「MOMENTUM(モメンタム)」をご紹介しましょう。

モメンタムは、ゼンハイザーの上位機種としては少数派の”密閉型”ヘッドホンです。外部からの騒音侵入や音漏れが少ないため、アウトドアでも音楽にどっぷり浸れるのが魅力ですが、ポータブル音楽プレーヤーに接続してもしっかり鳴ってくれるのが嬉しいところです。左1本出しのケーブルも扱いやすく、iPhoneなどでも使えるマイクリモコン付き。各部の作りも丈夫です。

モメンタムの魅力は、まずそのデザインにあります。ヘッドバンドの金属部に設けられたスリットに沿ってハウジングが移動し位置調整を行う仕組みなど、一見してシンプル&ローテクに見えるかもしれません。しかし、落ち着いた茶色とシンプルな造形は大人が好む上質が感じられます。

サウンドのほうも、まざにゼンハイザーテイスト。オープンエアー型のような広がり感や爽やかさをしっかり盛り込みながら、ロック系のスピード感あふれる音楽もご機嫌に鳴らし上げてくれるのです。お好みの音楽ジャンルや聴く人の世代を選ばない、オールラウンドなお勧めモデルと言えるでしょう。

■ゼンハイザー
MOMENTUM
HD 700

Choice 2
心が洗われるように美しい音の広がりと緻密さ
オーディオテクニカ ATH-AD2000X

オーディオテクニカ

大型のヘッドホンですが、かけ心地はじつに軽やかでソフト。長時間のリスニングでも聴き疲れることはないでしょう

オーディオテクニカのヘッドホン中、最上位クラスにあたるモデルがこの「ATH-AD2000X」です。2004年に登場した「ATH-AD2000」の後継機にあたり、すべての部分が最新テクノロジーによってリファインされています。

どら焼きのような円形のハウジングには、内部の空気を拡散させる、新設計のディフューザー(空気の流れを整える仕組み)が採用されました。ヘッドホンやイヤホン、とくに大口径の振動板を使用したモデルでは、振動板が押しのける空気や発生する音をハウジング内部でどうコントロールするかが、音作り上の重要な要素になります。

このモデルは、緻密な設計により音の詰まり感や周波数の暴れなどを追放。音響特性に優れた”パーメンジュール”採用のドライバユニットが持つ再生能力を極限まで引き出し、音楽性豊かに鳴らし上げています。ハウジングを外側から見ると、内部に細かなフィン状のスリットが見えますが、このバッフルを採用したことで、強度を十二分に確保しながら軽量化にも成功しました。

気になるサウンドですが、自分の耳が宇宙までつながっているのかと思わせるような、圧倒的な音の広がりに驚きました。クラシックのライブコンサートなどは、ホールの天井までの高さがハッキリイメージできるほどの空間表現力です。

そして、その空間にわき起こる音のひと粒ひと粒が美しく緻密、かつ正確なのです。女性ボーカルの表情がキリッと引き締まり、吐息は濡れるような色っぽさ。低音も出しゃばらずに深く深く伸びていて、音楽にしみじみと浸ることができました。

 


■オーディオテクニカ
ATH-AD2000X

次のページでは、お勧めヘッドホンのChoice 3とChoice 4をご紹介します。