面接は自分を売り込む場

つまり、相手に「この子は使える」と思わせたら良いのです。
具体的にはどのようにすれば良いのでしょうか。

当然のことですが、暗いオーラを纏っていたり、相手の目を見て話すことができないなどは問題外です。
これらの点は、通常の就職面接以上に厳しく見られます。
なぜならば、アイドルは人目に触れる職業だからです。
また、敬語を自由に使いこなすことができることも大切な点です。

そして、一人でも生きていけるという自己PRは、意外にも面接でよい顔をされません。
アイドルは集団社会であることが多いため、協調性がないと思われてしまうことがあるのです。

自分に自信を持つことが大切

アイドルを志すということは、自分磨きに余念がないということです。
厳しいアイドルの世界で、最終的に生き残れるのは努力してきた人だけです。
あなたにはその努力の素質があるのです。夢に向かって突き進んでください。
あなたに栄光あることを祈って……。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。