Wii U GamePadの可能性

マリオチェイスの図

Wii U GamePadをうまく利用したゲームが増えるということは、Wii Uならではのゲームが増えるということでもあります(イラスト 橋本モチチ)

Wii U GamePadの2画面は、DSの2画面とは似て非なるものであると言えます。それを利用すると、DSの時とは違う遊びが、違う演出が提案できます。これは逆に言えば、DSの2画面と同じような発想でWii Uのゲームを作ると、DSではうまく機能していたものが、Wii Uではうまく機能しない、そんなことも起こるでしょう。そういう意味で、ニンテンドーランドや、ゾンビUは、本体同時発売タイトルでありながら、Wii U GamePadの特徴をうまく捉えたゲームに仕上がっています。

今後、Wii Uというプラットフォームがうまく軌道に乗って人気が出るかどうか、その1つのキーになるのはWii U GamePadの使い方でしょう。例えばマップを表示するのにしても、道案内機能としての利便性だけを考えれば、テレビに表示した方が便利なはずです。それこそ、画面の右上にミニマップでも表示して、目的地の方角が常に表示されれば、プレイヤーはそれをチラチラ見ながら進めば簡単にたどり着けます。

でも、宝の地図を拾って、それを見ながらダンジョンの特徴と照らしあわせて秘密の道を探す、というようなことであれば、Wii U GamePadに表示した方がぐっと雰囲気がでるかもしれません。それがマルチプレイで遊んでいるうちの1人だけが持っているWii U GamePadに表示されているとすれば、ますます地図を握り締めている感がでて盛り上がるのではないでしょうか。

新しいデバイスは、新しい遊びを生みます。Wii U GamePadによってこれまでには体験できなかった新しい遊びが続々登場する時、Wii Uというハードもどんどん盛り上がっていくのではないでしょうか。

【関連記事】
Wii UはWiiと違う新ハード、という基本的な話(AllAboutゲーム業界ニュース)
Miiverseとデモンズソウル(AllAboutゲーム業界ニュース)
WiiU 手元に画面があると声がでて仲良くなる(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連ページ】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。