タイパビレッジのお土産

自家製オイスターソース(22パタカ~)

自家製オイスターソース(22パタカ~)

オイスターソースの老舗コンヒンロン外観

オイスターソースの老舗コンヒンロン外観

土産店が数多く集まるタイパビレッジですが、その多くがマカオ名物「アーモンドクッキー(杏仁餅)」の大型チェーン店です。せっかくですので、ここタイパビレッジでしか買えない、そしてマカオらしいおみやげを紹介します。

ポークチョップバーガーのダイリーライのすぐ左横に、時代をタイムスリップしたかのような懐かしい店構えの商店「コンヒンロン(廣興隆)」があります。ここでは広東料理でお馴染みの茹で野菜などによく合う自家製オイスターソースを販売しており、観光客はもとより地元マカオ人にも人気です。

<DATA>
■コンヒンロン
住所: ○仔巴波沙總督前地20號 ※○は「乙」と「水」を組み合わせた文字
TEL:+853-2882-7028
営業時間:8:00~18:00 無休

官也街おみやげはこちら>>官也街


タイパビレッジへのアクセス

タイパビレッジの細い道をかなりの頻度で往来する路線バス

タイパビレッジの細い道をかなりの頻度で往来する路線バス

官也街バス停サイン

官也街バス停サイン

タイパビレッジには路線バスの停留所が複数ありますが、最も中心にあるのが「官也街」バス停です。マカオ半島、タイパ島方面から路線、本数ともに充実しており、セナド広場前から約30分でアクセスできます。

タクシーで向かう場合、「タイパビレッジ」では広すぎるため、例えば「官也街(広東語発音:グンヤァガイ)」といったピンポイントでドライバーに伝えるといいでしょう。タクシーの場合、セナド広場前から20分程度で到着します。

また、シティ・オブ・ドリームズギャラクシーマカオなどカジノリゾートとタイパビレッジとの間を往復する無料シャトルバスもあります。コタイ地区のリゾートから徒歩移動の場合、ヴェネチアン・マカオ西口から陸橋とムービングウォーク(動く歩道)経由でカルモ教会のすぐ近くまで10分程度で移動できるようになりました。また、ギャラクシーマカオからは横断歩道を渡ってすぐ目の前です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。