ダウンベストを寒い真冬に着る意外な方法とは

ダウンベストは、秋が深まる11月末くらいまでは長袖シャツやTシャツなどの上に着てちょうどよいため頻繁に着こなすことができます。でも、12月以降にもなるとさすがに寒くて、もうダウンベストはアウターとして着られないと思っている人も多いのではないでしょうか? そこで、今回は真冬でもダウンベストを着こなすコーディネートのコツをご紹介します。

【目次】  

ダウンベストをフリースなどと重ね着して、腕をしっかり防寒

ダウンベストを真冬に着こなすメンズコーデとは

ダウンジャケットを真冬に着こなすコツは、腕の部分をしっかりと防寒すること。ウールやカシミアのニットやフリースのセーターと合わせます。


ダウンベストを真冬にも着こなすためには、腕の部分が寒くならないアイテムをいかに着こなすかがコツとなります。どのようなアイテムがよいのでしょう?まずは防寒機能の優れた素材のものを選びます。例えば、ウールやカシミア素材の厚手のニット、軽くて保温効果の高いフリース素材のジャケットなどです。ニットならば、引き続き人気のあるレトロな雰囲気のノルディック・スタイルのセーターがおススメ。

フリース素材はフルジップのパーカーやジャケット、ハープジップのセーターなど。これらもカラフルで鮮やかな原色ものやマルチカラーが今年のトレンドです。このような厚手のニットやフリースに、ダウンベストを合わせると真冬でもダウンベストを着て、暖かく過ごすことができます。
 

ダウンベストをジャケットの上に重ね着する新発想の着こなし

ダウンベスト,真冬,寒い,12月,メンズ

真冬にジャケットやスーツの上にダウンジャケットを着こなす場合、ツイードやフランネルのような厚手で保温効果の高い素材でできた上着を着ることがポイント。


次に紹介したい、真冬のダウンべストの着こなし方は、ジャケットやスーツを着るビジネスマンにとくに活用してもらいたい着こなし方です。真冬にはジャケットやスーツのうえにコートを着ますが、コートの代わりにダウンベストを重ね着しちゃいましょう。

この場合も大切なポイントはいかに腕を暖かく保つかです。上着の下にセーターなどを重ね着したり、ツイードやフランネルのような厚手で保温効果の高い素材でできた上着を着ることなどが効果的。ジャケットの上にダウンベストを重ね着するなんてちょっと変では?と思っているあなた、一度、試しに着てみてください。思った以上におしゃれに着こなせますよ。

そして最後に、それでもダウンベストではまだ寒いという人に裏ワザをお教えします。その裏ワザとは防寒肌着を着ること。ハイテク素材を使用した防寒肌着を紹介したダウンベストのコーディネートの下に着ておけば、寒い真冬でもダウンベストを確実に活用できます!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。