金利がいつ上がるか気にしながら生活するのはナンセンス

◆結論
『フラット35を利用した固定金利』。プラスアルファの作戦として、フラット35に“原則必須”でついてくる団信を取り外して、保険料の安いソニー生命やプルデンシャルなどの低価格でカスタマイズできる生命保険をつけるのがおトクです。

◆なぜなら
日本の金利をコントロールしているのは日本銀行です。日本は長期間、非常に低い値で金利が推移しています。日本全体でみるとまだ不景気の中にありますが、ネット業界ではプチバブルが出ています。今後景気が上向くと、日本銀行が経済をコントロールするために金利を上げる判断を行う可能性が高いのです。

加えて、過去の金利の上がり下がりの推移からみると、金利が下がるときは緩やかに下がりますが、上がる時は一気に上がります。変動金利の金利が安いからといってその金利で組んでしまうと一気にあがったことに気づかずに後々、非常に高い金利でローンを支払い続けなければなりません。

この“いつ急上昇するかもしれない金利”を日々気にしながら、これから35年のローン生活をするのは、あなたが本当にしたい生活ですか?金利を気にせず、その時間を旅行や趣味など、自分や家族が幸せになるための時間に使うのが良い選択かと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。