今年も残すところあとわずか! これからは忘年会・クリスマス・お正月と飲み会のオンパレードで食欲の秋に続いて摂取カロリーが増えるとき。寒さのために活動量が低下するのに加えてイベント事が増えることも冬に体重が増えやすい原因です。

「冬は体重が増えるもの。肌を露出する春夏でダイエットをすればいいか!」なんて、冬のダイエットを諦めていませんか? でも、イベント事が多い年末年始を上手に乗り切れば、ダイエットの必要もない上にきちんと痩せられます。冬の飲み会を楽しみながら体重を増やさないコツをお話ししましょう。


飲み会が続くと体重が増える原因とは?

そもそも、飲み会で夜遅くまで飲食をすると体重が増えるのはなぜでしょうか?「夜食べたら太る」というメカニズムはもはや常識中の常識ですが、一度しっかりその原因を追究して夜の食事について考えてみましょう。


ダイエットundefined痩せたい,飲み会undefinedダイエット

夜遅い食事は何故太るの?

1.夜は脂肪合成が活発になる体のメカニズム
ビーマル1は、脂肪細胞に脂肪をため込む働きがあるたんぱく質で、その働きが最も低下する(=太りにくい)のが14時前後。一方働きが最も活発になる(=太りやすい)のは22時~2時。つまり夜遅い時間に食べたものは、同じものを日中に食べたときよりも脂肪に変わりやすいということです。


2.夜は活動量が少ない
昼夜逆転の生活をしている場合を除いて、一般的に昼間よりも夜の方が活動量は少なくなります。仕事を終えて帰宅したら、ご飯を食べてゆっくりテレビを見る等くつろぐ人も多いでしょう。忙しく動き回る日中に比べて、夜は必然的に消費カロリーが少なくなります。朝食や昼食はその後の活動である程度消費されるのに比べて、夕食は消費されずに就寝するため、消費されない分は脂肪となって体に蓄積されるのです。


3. 翌日の食欲低下・食欲増進を招く
夜遅くまで飲食をすると、しっかり体内で消化・吸収されないまま就寝する事になるため消化不良が起こります。経験のある人も多いと思いますが、消化不良のまま翌日起きると食欲がないため朝食を抜いてしまう事になり、それにより昼食と夕食が遅く・重くなり、そしてまた翌朝の食欲がなく昼食と夕食が遅く・重くなる…という悪循環に陥ってしまい、飲み会で増えた体重をリセットできないまま次の飲み会へ突入。体重は右肩上がりに増えていくのです。

≫では太らないための対策って何かあるの??