カルダーのモビールのよう空間に浮遊するデスクライト

机上の空間を演出するデスクランプ「TIZIO:ティツィオ」がある。

筆者がインテリアやファニチャーデザインを初めた頃からのお気に入りのアイテムのひとつ。とにかく、構成=コンポジションの造形が抜群に美しい。

undefinedTIZIOundefined(引用:ヤマギワundefinedオンラインショップ)

 TIZIO (引用:ヤマギワ オンラインショップ)


支柱を含め3本の『ブラック』(細い金属製角パイプ)アームと円筒形のベース、『レッド』(プラスチック製)のジョイント、スイッチ部分、シンプルなパーツで構成されている。『ブラック』と『レッド』……20世紀モダンデザインの代名詞的なカラーリングによるコンポジションは色褪せることなく時空を超える。

それまでのバネやネジを用いた昇降機構から脱したデザインアイデア。
光源を包んだヘッドアームとウエイト(バランサー)のあるアームが交差し、全体のバランスをとる。光源の12Vの低電圧ハロゲンランプのトランスはベースの中に、ベースから光源の配線はこの細いアー ムの中に仕込まれている。徹底した機能主義デザインがストイックであり華麗である。
光源が自由な位置で止まり、空間に浮遊する………まるで、アレクサンダー・カルダーのイタリア版モビールのようである。

引用:アレクサンダーundefinedカルダーundefinedアートポスター

     引用:アレクサンダー カルダー アートポスター


「TIZIO:ティツィオ」とはイタリア語で「ある人……」という意。単なる『モノ』ではなく、しっかりと存在する『人』の形容であろうか。。。それも親しみをこめて。

ド イツ生まれのイタリア人プロダクトデザイナー:Richard Sapper(リチャード・サッパー)が1972年に発表。彼はヒットモバイル、IBM Think Pad(中央にあるカーソルポイントが赤いヤツ・・・・TIZIOと同じテイスト)や自動車、オーディオ機器等幅広い領域でデザインしている………ジオ・ポンティエの事務所出身と聞けば、建築的なデザインテイストはうなずける。

ニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションアイテム。
アームにデザイナーのサインが刻印されたシルバータイプもある。ちなみに筆者はコントラストの効いたブラックタイプを愛用している。



■ 「TIZIO」
・デザイン:Richard Sapper(リチャード・サッパー)
・ブランド:Artemide(アルテミデ)
・サイズ :W970 D905 H1,090
・素材  :鋼塗装仕上 プラスチック
■ 販売 
ヤマギワ
hh style.com


……………………………………………………………………………………………………
■今回の関連リンク
石川尚の【気になるデザイン】バックナンバー

★★ガイドがつづる、暮らしのデザインメールマガジン「ファニマガ」登録(無料)はこちらから!
★ガイドのエピソードが満載のインタビューはこちらから!

☆掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

Copyright(c) 2010  イシカワデザイン事務所 (ISHIKAWA DESIGN OFFICE) All rights reserved




■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。