体が芯から温まる、ほっこりなめこ雑炊

所要時間:20分

カテゴリー:ご飯雑炊

 

体が芯から温まる、ほっこりなめこ雑炊

自然なとろみがつく「なめこ」は雑炊にぴったりです。寒い冬はそんななめこを使った雑炊に、少しだけ生姜をきかせることで、体が芯から温まるレシピに仕上がります。土鍋で作るとおいしさも倍増しますので、ぜひお試しください!

なめこ雑炊の材料(2人分

なめこ雑炊
なめこ 100g程度
ご飯 250g(お茶碗2杯分)
だし 400ml
薄口醤油 大さじ1強
生姜 少々

なめこ雑炊の作り方・手順

なめこ雑炊の作り方

1:なめこ雑炊の材料を準備する

なめこ雑炊の材料を準備する
材料は、なめこ、生姜、だし(かつおと昆布のだし)、ご飯です。なめこはさっと洗って水気を切っておきます(石づきがついていれば、石づきを切り落としてバラバラにしてから洗ってください)。
※だしの取り方は「シンプル和食:おいしいだしの取り方」のページも参考にしてみてください。

2:ご飯をさっと洗う

ご飯をさっと洗う
雑炊はさらっと仕上げるのがおいしさのコツですので、ご飯は一度ざるに入れ、ため水の中でさっと洗って粘り気を取ります。洗ったご飯はざる上げして水気をしっかり切っておきます。 冷やご飯の場合は、特にご飯のかたまりがないよう、ほぐしながら洗ってください。

3:鍋に調味料を合わせる

鍋に調味料を合わせる
鍋にだしと薄口醤油を入れ、沸いたらなめこを入れます。 雑炊の味付けは、薄口醤油大さじ1をここで加え、最後の味見の段階で必要があれば適宜追加するとよいと思います。

4:ご飯を入れて炊く

ご飯を入れて炊く
洗ったご飯を鍋に入れ、ひと煮立ちさせます。ご飯を入れてからはぐつぐつ煮すぎないことが大切です。

煮すぎると、雑炊に粘りが出すぎてしまうのと、なめこ特有のクセが出てきてしまいます。

5:仕上げに生姜を加える

仕上げに生姜を加える
ご飯を入れてひと煮立ちさせたら、生姜のしぼり汁を加えて完成です。

6:熱々をいただきましょう

熱々をいただきましょう
薬味を使わなくても十分においしいので、今回はシンプルに薬味なしのレシピにしましたが、薬味ねぎや三つ葉などを加えてもおいしくなります。

ガイドのワンポイントアドバイス

なめこだけでなく、舞茸やえのき、椎茸などを加えて「きのこ雑炊」にしてもおいしいですし、卵を加えてもボリュームが出ておいしく食べることができます。