昼コースより

それでは、昼コース(4200円)の料理を御紹介していきます。

・先附

海老、菊菜、舞茸、シメジの白和え

海老、菊菜、舞茸、シメジの白和え

先附は「海老、菊菜、舞茸、シメジの白和え」。調和のとれた彩りも美しいですが、具材の下に豆腐を敷くアイデアもいいですね。自分で豆腐を和えて食べるというわけです。それぞれの具も力強い素材感があり、とても印象に残る仕上がりでした。


・八寸
八寸

昼の八寸

昼の4200円というお値打ちコースにも関わらず、この美麗で内容充実した美味八寸がいただけるのは嬉しすぎますね。

盛り付けの素晴らしさはもちろん、それぞれ「海老芋と柿」「スルメイカの塩辛」「子持ち鮎煮」「カマスの棒鮨」「胡桃の甘辛煮」等の料理全てが、実に手間のかかった丁寧なお仕事ぶり! 喜多川さんが料理長として勤められていた「うえの」さんの季節の八寸を思い出します。食べる前から季節感を存分に堪能できる、まさに芸術的な一皿。


・椀物
椀物

「鱧」と「蓮根饅頭」の椀物

そして椀物は「鱧」と「蓮根饅頭」。「鱧」の卓越した骨切りが生み出す、スムーズな食感と旨味。そこに柔らかで滑らかな「蓮根饅頭」という組み合わせは、それだけでも感動を与えてくれますが、さらに特筆したいのは「お出汁」。

雑味のない円やかで奥深い味わいは、とても優しい口当たりで、自然にスーっと舌から身体に馴染むように入っていくような飲み心地。鰹と昆布、そのどちらかが主張し過ぎないバランスの良さがいいですね。

次のページでは、コース後半の御料理を御紹介です。