人間の感情に敏感

いつも暮らしている家族の、感情をよく感じています。家族が笑顔のときは自分も活発に跳ね、落ち込んだり悲しんでいるときは、そっと側に来たり、前足をかけて顔を覗き込むようなしぐさをします。家族が喧嘩でも始めようものなら、足ダン※して一緒に参戦します。その様子が可笑しくて、喧嘩もやめてしまうほどです。

私も、人生の転機で悩んでいたとき、こんな様子のうさぎにどれだけ励まされたことでしょう。この、一緒に暮らす小さな家族を心配させまいと、自分自身、元気を奮い立たせたものです。

※足ダン…後ろ足で床を叩き、ダンッ!と大きな音を立てる行動


トイレを覚える

うさぎは、縄張りの四隅に排泄をして、自分の陣地を主張します。一番使っている場所に(うさぎ用)トイレを置けば、きちんとトイレに乗って、排泄してくれます。個々に性格もありますから、みんながみんなというわけにはいきませんが、たいていのうさぎは、トイレを上手に使ってくれます。ただ、これは縄張りを意識しなくて済む単頭飼いのときに、効果が高いようです。でも、そそうをしても、決して怒ったりしないでください。うさぎは自由人(兎)なのです。しつけは効きません。怒る人=怖い人、と認識し、以降言うことを聞いてくれなくなります。注意しましょう。


腹を出して寝る

うさぎは動物界では、被捕食動物、つまり、肉食動物に食べられる一番底辺にいる位置づけです。そのため、大きな耳も、逃げ足の速い足も与えられているわけですが、どうしたものか、家の中で大切に飼われているせいか、安心しきって、だら~んと横になって、目を閉じて寝る時があります。これを目撃してしまうと、なんとも愛らしいと思ってしまうのです。草食動物なのに、我が家では安心している、無防備すぎる!!……と、ギャップ萌えしてしまうのです。

そんな姿が可愛くて、私は、うちのうさぎにそーっと近づいて、寝ているうさぎの柔らかい頬や腹を触りながら「ねー、私がオオカミだったらどうするのォ? そんなに安心しきっていると食べられちゃうよ!」……と、いたずらで言います。一緒に生活し、慣れてくると、それほど、心を許してくれます。