プロ顔負けのオムレツを作る“素人向けテクニック”を実践!


 

 

 

 

 

 

卵を混ぜて焼くだけなのに、プロが作るとふわとろでおいしい。その違いはレシピじゃなくテクニックなのは明確です。そこで、プロ顔負けのオムレツを作る“素人向けテクニック”を実践してみました。

用意する器具は、ボール、フライパン、菜箸、そしてゴムべらです。
オムレツのレシピはいつもどおりで構いません。

■作り方
  1. 熱して油をひいたフライパンに卵液を流し込みます。
  2. 菜箸でガーっとかき混ぜます。
  3. レアな状態のまま、ゴムべらで寄せ集めてボールに戻します。
  4. 戻した卵を、ボールの中でしっかりと混ぜます。
  5. 熱したフライパンは右側が火にあたるように傾け、そこに卵液を入れます。ここからはフライパンの右側半分だけを使います。
  6. ゴムべらで形を整え、ひっくり返します。何度か繰り返して整形します。
  7. そのままお皿にのせたら完成。

この手順は左手でフライパンを持った場合です。右手で持つ人は左側に傾けてください。
文字では伝えにくいので、出典の動画を見ていただくと良いと思います。

■ポイント
この方法、わたしも最初は期待通りにうまくできませんでした。
その経験から学んだポイントをご紹介します。

・フライパンはちょうどよいサイズを。
……卵2~4個程度なら、20~22cmあたりがおすすめです。わたしは大きすぎたため、うまく整形できないうえに左腕が疲れました。
・ゴムべらは“しなり”と耐熱性のあるものを。
……ゴムべらの中には、フライ返しのように、固くてほとんどしならないものがあります。また、耐熱性がないものはフライパンで使うと高温で変形してしまいます。
・火から下ろす勇気を。
……あっという間に火が通ってしまうので、スピードについていけないと感じたら火からおろします。ぬれ布巾で冷ましながら作業しても。
・卵は室温で使う。
……これは失敗談ではなく、母の教え。冷たいとフライパンの温度を下げ、くっつく原因になるようです。

参考引用出典:『簡単に出来るオムレツの裏技  パート2 2 必見版!!!』 http://www.youtube.com/watch?v=pKa2zYu15dU&lr=1
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。