美人なだけじゃないコンパニオンさんの話

東京ゲームショウの図

華やかな東京ゲームショウ。コンパニオンさんは欠かせない存在です

日本最大のゲームイベント、東京ゲームショウが2012年9月20日から23日に幕張メッセにて開催されました。ガイドももちろん行って参りまして、各社の発表や期待の新作などを堪能してきましたが、今回はそういったお話はほとんどございません。それはもう他所のメディアでしっかり取材レポートされてまとまっていますので、そちらをご覧いただいた方が早いかと思います。では、何の話をするかというと、コンパニオンさんのお話をしてみたいと思います。

コンパニオンさんの話題だって他所ですでに散々レポートされているじゃないかと思われるかもしれませんが、いわゆる、こんなセクシーな衣装を着たコンパニオンさんがいたとか、こんな美人なコンパニオンさんがいたなど、そういう話とはちょっと違います。

ガイドが、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)ブースでPlayStationVita(以下PSVita)の新作タイトル、「ソウル・サクリファイス」の試遊をした時に出会ったコンパニオンさん、彼女はあまりに高性能でした。

とにかく楽しかったソウル・サクリファイスの試遊

ソウル・サクリファイスの図

6種類の魔法を使い分けて戦うのが、とにかく楽しいソウル・サクリファイス

ソウル・サクリファイスは、元カプコンでロックマンなどを手掛けていた稲船敬二氏が、SCEとタッグを組んでPSVita用タイトルとして開発している期待の新作アクションゲームです。業界内の注目も高く、一般ユーザーは入場できないビジネスデイだったにも関わらず、ガイドは1時間程の待ち時間を経てゲームをプレイしました。

ソウル・サクリファイスは最大4人でマルチプレイができるアクションゲームで、それぞれのプレヤーは○ボタン、△ボタン、□ボタンにそれぞれ好きな魔法をセットし、ボタンを押すだけで自由自在に魔法を使って敵を倒したり、仲間を回復したりすることができます。魔法は1つのボタンに2種類ずつ割り振って切り替えて使うことができるため、合計6種類。操作はシンプルですが、ボタンに割り振る魔法の種類が豊富かつ練りこまれているところがポイントです。

それぞれ、例えば近接攻撃に特化したり、仲間を守ったり、回復する魔法を使ったり、あるいは遠距離から攻撃するなど、セットする魔法によって役割分担をすることができます。また、あえて同じ魔法で敵を追い込む、なんてことも面白いのかもしれません。プレイ感覚はストレスなく壮快なのに、魔法の選び方で戦略が生まれるところに大きな可能性を感じます。

とにかく自分のセットした魔法をバンバン使って敵を倒していくのがストレスなく壮快で楽しい、もう1回やりたいと思わせるゲームでした。そしてその試遊の面白さを引き出していたのが、コンパニオンさんなのです。