天然痘とは(痘瘡とは)

天然痘(痘瘡)は、昔は「死に至る疫病」、「美目定めの病」などと呼ばれていました。ここでは「天然痘」として説明していきたいと思います。

1958年にWHO(世界保健機構)は「世界天然痘根絶計画」を決定し、世界で天然痘の封じ込め作戦が行われました。その甲斐あって、1980年5月に地球上から天然痘が根絶されたと宣言しました。

天然痘の症状・感染経路・潜伏期間

天然痘は、ツバや痰で感染が広がる飛沫感染です。感染から発症までの潜伏期間は7~16日です。

症状は、
  • 突然の発熱
  • 吐き気、嘔吐、意識がなくなる意識障害
  • 発熱から3~4日目に一時解熱し、発疹が出る。発疹は赤い紅斑、盛り上がった丸い湿疹である丘疹、水をもった湿疹である水泡・膿疱、カサブタである結痂、皮膚がめくれる落屑と、水疱瘡に似たもの。この時に再度、発熱と痛み、暑い感じが起こる。
体全体に発疹が出てきます。死亡率は20~50%で、特効薬はありません。そのため、ワクチンがあります。

天然痘の予防接種・ワクチン

天然痘ワクチン

○で囲んだ部分に、星形で盛り上がった跡が天然痘ワクチンの跡です

私は天然痘根絶前に生まれましたので、肩に予防接種の跡が残っています。日本では1976年に天然痘ワクチンが中止されました。当時は生ワクチンで、天然痘のワクチンを「種痘」と呼んでいました。

接種は多刺法といって、二又の針を使って、上腕筋肉の辺りにワクチンを植えつけるような感じで行われていました。今のBCGのようなイメージです。1回接種です。

現在は、天然痘は根絶されましたので、予防接種を受ける必要がありません。ワクチンは世界中で行われなくなっています。

天然痘ワクチンの副作用

副作用は熱性けいれん、接種後10日前後に発熱、発疹、脇のリンパ節の腫脹があります。1976年までに使用されていたワクチンでは、接種した人の10万~50万人に1人に、脳などに見られる中枢神経合併症があって、その致死率は40%にもなっていました。

しかし、現在日本で開発されているLC16m8株は安全性が高いワクチンです。地球上から根絶したとは言え、かつてはこれによって全滅した部族もあるほど、恐れられていた病気です。バイオテロに備え、日本ではワクチンが国家備蓄されています。

知識として、この病気とワクチンのあることをぜひとも知っておいてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項