丸山ワクチンの由来

丸山ワクチンは、日本医科大学元学長で名誉教授である故丸山千里博士が開発したワクチン。その名前をとって、「丸山ワクチン」と呼ばれていますが、正確には「SSM(Specific Substance MARUYAMA)」と言います。皮膚科医だった丸山博士は、皮膚結核の治療のために「結核ワクチン」の研究をしている中で、結核やハンセン病の療養所には癌患者がほとんどいないことから、結核菌やらい菌などの成分にガンを抑える可能性を考えて、ワクチンが開発されました。つまり、「丸山ワクチン」には結核の成分が入っているわけです。
 

丸山ワクチンの効果・癌に対する免疫療法

癌は、本来の機能を失った異常な細胞がどんどん増えてしまい、正常な働きをしなくなってしまう病気。異常な細胞を減らしたり、除いていく必要があります。

癌の治療法には、以下のような方法があります。
  • 癌を除く外科手術
  • 癌を殺す抗がん剤による化学療法や放射線をあてる放射線療法
  • 癌を自分の免疫で攻撃させる免疫療法
丸山ワクチンは、この中の癌に対する免疫療法として使われます。「白血球」という免疫の細胞の活動を高めたり、増やしたりするする効果が報告されています。

コラーゲンという体の中のタンパク質を増やすことによって、コラーゲンが癌を周りを囲って、癌が大きくならないようにする効果や、癌細胞が増えるのに必要な酵素を抑えることで癌が大きくならないようにしてくれる効果が報告されています。

ただし、癌に有効な治療に替わるものではなく、あくまで免疫を高める治療であるために、癌の種類に関係なく使用されることになりますが、癌に対する治療と併用しても問題はありません。
 

丸山ワクチンの副作用

結核菌の成分で、結核菌そのものではありませんので、大きな副作用は見られません。ただ、注射部位が腫れると言った、ワクチン特有の副作用が見られます。
 

丸山ワクチンの投与方法と費用

予防接種のワクチンのように皮下に注射します

予防接種のワクチンのように皮下に注射します

丸山ワクチンは1964年から使用されていますが、現在でも、治療はデータを正確に把握するための「治験」という形で行われています。この治験は製薬会社が行っている治験と違い、「有償治験」と言って、費用が発生してします。

具体的な投与法ですが、1日おきに皮下に注射します。40日分(20アンプル)を1連の治療期間になります。9000円(税抜き)で、これに処置料、注射器などの値段が自費でかかってきます。
 

丸山ワクチンの受け方

治験についての手続きが必要。病状を知っている主治医が行うことが多いですが、まずは、日本医大に治験を受ける承諾書と治験登録書を提出し、手続きを行う必要があります。治験薬においてインフォームド・コンセントと言って、丸山ワクチンについての説明を受けた上で、承諾する必要があるために、親族、家族、本人が日本医大に行くことになります。

〒113-8706
東京都文京区千駄木1-1-5
日本医科大学付属病院ワクチン療法研究施設
電話:03-3822-2131(内線5365)

参考:丸山ワクチン・オフィシャルサイト 治療を受けるには
 

丸山ワクチンの実績報告

丸山ワクチンの最も大きい効果は延命効果です。胃がんが手術で取りきれなかった場合、化学療法に丸山ワクチンを追加することで、1000人あたり152人の割合で延命効果があると報告されています。

癌の場合、再発や、違った場所への転移のリスクも考えなければなりません。命に関わる病気なので、状態に合わせて有効な治療をいくつか組み合わせて行っていく必要があるのです。丸山ワクチンもその1つの手段と言えます。

(参考)丸山ワクチン・オフィシャルサイト

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項