リーズナブルなお土産が揃う! スーパーで買える香港土産

香港のスーパーで買えるお土産

 

旅行で訪れる、現地のスーパーほど、その土地の文化がわかる魅力的なところはないのではないでしょうか。香港のスーパーにも、「香港」という土地柄がよくわかるものがどっさり。スーパーはリーズナブルで「香港らしい」お土産の宝庫です!

>>「現地のガイドが厳選! 香港のお土産リスト」の記事もあわせてどうぞ。

香港で代表的なスーパーは店舗数の多いウェルカムとパークン(同系列のフージョンやテイストもある)。同じスーパーでも店舗によって若干扱っているものが違います。以下のお土産リストは香港人の日常生活にもマストなアイテムなので、ほぼどこのスーパーでも売っているはず。もしなかったら、あきらめず別の店舗も覗いてみてください。本文中に記載した値段はあくまで目安。店舗によって多少変わるものもあります。

>>スーパーについては「香港のスーパーマーケット」をご覧ください。

INDEX
香港のスーパーで買えるお土産1:オイスターソース
香港のスーパーで買えるお土産2:XO醤
香港のスーパーで買えるお土産3:中華料理ソース
香港のスーパーで買えるお土産4:クラッカー
香港のスーパーで買えるお土産5:ハーブ飴
香港のスーパーで買えるお土産6:鴛鴦(ユンヨン)インスタントミックス
香港のスーパーで買えるお土産7:中国茶ティーバッグ
香港のスーパーで買えるお土産8:リプトン香港ミルクティー
香港のスーパーで買えるお土産9:出前一丁
香港のスーパーで買えるお土産10:マカロニ
香港のスーパーで買えるお土産11:黒ゴマスイーツ
香港のスーパーで買えるお土産12:ポケットティッシュ
 

1.香港の家庭には必ずあるオイスターソース

軽くて便利なチューブ入り

茹で野菜にかけるだけで本格中華のできあがり

香港の家庭には欠かせない調味料といえば、オイスター(牡蠣)ソース。広東料理の定番であるオイスターソースは、牡蠣を主原料とする調味料です。スーパーに行けば、様々なブランドのオイスターソースが手に入りますが、おすすめはこちらの李錦記(リキンキ)。1888年創業の李錦記の創立者、李錦裳はオイスターソースの生みの親なのです!

写真のレトロなデザインが印象的なパッケージ、よく見ると、にこやかにオールを漕いでいる女性の足元には牡蠣が! 他にも大きなサイズや瓶入りもありますが、チューブ式は軽いし、割れないのでお土産としても最適。お値段も15.80香港ドル(約230円)とお手軽価格。ただし、容量は167gなので機内持ち込みはできないので要注意。

李錦記のサイト(日本語)内でもオイスターソースを使ったレシピを紹介していますが、一番ポピュラーなのは飲茶メニューのゆで野菜の上にかかっているもの。家でも簡単に作れます。ほかに焼きそばのソースとして使われることも。
 

2.中華料理には欠かせないXO醤(エックスオー・ジャン)

パッケージは中国らしく豪華な金色と黒

お味は2種類、辛いのもあり

干し貝柱、干しえび、中国ハム、唐辛子などが入ったペースト状のソース。オイスターソースに比べるとお高めで、一番小さい80g入りの瓶で49.90香港ドル(約725円)。

スーパーでは売っていませんが、ザ・ペニンシュラ香港をはじめ、オリジナルXOソースを販売しているホテルやレストランもあります。ザ・ペニンシュラブティックで購入できるザ・ペニンシュラ香港のオリジナルソースは220gで330香港ドル(約4600円)とお高めなので、特別な人や自分用にいいかもしれませんね。

食べ方としてはそのままいただくか、炒め物に混ぜていただくか。レストランのメニューにもXO醤炒めはよく登場します。
 

3.おうちごはんに使える便利な中華料理ソース

「李錦記」と「淘大」のソース

冬になると火鍋用のソースも出回る

麻婆豆腐や麻婆なす、それからレモン・チキンなどお手軽クッキングに使えるインスタントのソース。簡単でいて、なおかつおいしい!おうちごはんで本格中華料理ができてしまうのです。しかも単価が7.50香港ドル(約110円)と安い! 3つで特別価格の20香港ドル(約280円)で売っている時もありますよ。軽くて場所もとらないので、バラマキ土産に最適です。容量が80gなので機内持ち込みもできて便利。
 

4.子どもも大好きPop-Pan(ポップパン)

大きいサイズのねぎクラッカー

チーズをのせて食べてもおいしい

やみつきになる味のねぎクラッカーは大人にも子どもにも人気のあるお土産。カレー味や最近、ゴマ味も新しく登場しましたが、おすすめはねぎ味(Spring Onion Crackers)。チーズをのせて食べてもおいしいし、ビールにもよくあいます。このサイズ以外にも食べやすいひと口サイズもあります。一箱17.50香港ドル(約254円)。路線によってはキャセイパシフィック航空のミールやスナックにもでるほど香港を代表するクラッカー!
 

5.カバンにいつも入れておきたいハーブ飴

袋入りと缶入りのハーブ飴

空港のマニングスでも売っているので街中で買い忘れても大丈夫

喉の痛みによく効くハーブ入りキャンディー。パッケージからして効きそうな感じが漂っています。缶入り(24.50香港ドル約360円)と袋入り(10.90香港ドル約160円)がありますが、どちらもコンパクトにスーツケースに入るサイズ。缶入りの方が多く入っています。味はオリジナルの他にタンジェリンレモン、スーパーミントに加え紫色のパッケージのプラムも最近発売されました。好みによりますが、オリジナルかタンジェリンレモンが土産としては無難。
 

6.甘くておいしい鴛鴦(ユンヨン)インスタントミックス

珈琲紅茶として知られている

30袋入りの大きなパックもあるので、出してバラマキ用としても使える

鴛鴦はコーヒーと紅茶を混ぜた香港の定番ドリンク。1950年代の香港、で路地に並んでいた屋台でポピュラーだったのですが、今も変わらず香港人には大人気。現在では香港の大衆食堂、茶餐廰(チャーチャンテン)のメニューにもなっています。コーヒーと紅茶にエバミルク(無糖練乳)が入っているので濃厚なお味。一箱10袋入りで18.90香港ドル(約260円)。

インスタントミックスはホット専用ですが、お湯を少なめにして氷を入れるとアイスユンヨンの出来上がり。茶餐廰ではアイスの場合、氷代が追加されるのでホットより約2香港ドル高いところが多いんですよ。少しかさばりますが、ガイドのイチオシお土産です。
 

7.お土産定番の中国茶ティーバッグ

これはウーロン茶

陸羽は唐代の文筆家の名で、お茶の神様とよばれていた

お値段もリーズナブルで、はずさないお土産といえば陸羽(ルックユー)のティーバッグでしょうか。陸羽茶室は1933年創業の香港の老舗レストランであり、特に飲茶のお茶は有名。このティーバッグのパッケージはシンプルかつおしゃれ感があるので喜ばれますよ。一箱25袋入り、14.50香港ドル(約210円)。
 

8.香港ミルクティーといえばナーイ(女と及)茶ミックス

リプトンのミルクティー

香港式ミルクティーは、茶葉を木綿のろ過袋でこすことからストッキングティーともよばれている

「ナーイチャ」とよばれる香港式ミルクティーは香港文化を色濃く反映した飲み物。イギリス植民地時代、ミルクをお茶に入れない中国茶と区別するためにミルク入り紅茶をナーイ茶とよんでいました。香港ミルクティーは紅茶にエバミルク(無糖練乳)を入れたもの。午後の茶餐廰ではお決まりのメニュー。

一箱20袋入り、38.90香港ドル(約565円)。甘くてクリーミーなお味なので、午後のホッとするひとときにうれしいドリンク。ただし、かさばるので多くは持って帰れません。
 

9.香港でも大人気の出前一丁

オリジナルの袋には「香港製造」の文字入り

バラマキ用おもしろみやげの定番

香港では出前一丁は高級インスタントラーメンですが、茶餐廰のメニューにもあるほど庶民の味。

香港の街中を走るトラムはトラム車両全体が広告なのですが、出前一丁トラムが出回ったこともあるるほど、香港人は出前一丁好き。オリジナルな出前一丁もパッケージをよく見てみると堂々と「香港製造」の文字が! おもしろ土産としてはおすすめです。

味もたくさんあり、スパイシー味にカレー味などなど。スパイシーにもいくつか種類があるのですが、辛いもの好きにはどれも結構イケルお味です。こちらのお値段は一袋4.40香港ドル(約64円)と格安なのでバラマキ用に最適。
 

10.香港B級グルメのマカロニ

クノールのマカロニ

作り方はインスタントラーメンの要領でお湯にマカロニと粉を入れるだけ

一瞬、なに?と思いますよね、マカロニって。これ、香港ではB級グルメの茶餐廰では定番の朝食メニューなのです。マカロニといってもチーズで味付けされているものではなく、スープに入っています。このインスタントマカロニにハムをのせれば、香港の庶民朝食を日本でも再現できますよ。

香港通のお友達には喜ばれること間違いなし。お味の方はさっぱりしていて、量もあり、食べ応えがあります。一袋4.60香港ドル(約70円)。
 

11.健康のために芝麻糊パウダー

健康にいい黒胡麻スープ

ほかにアーモンドやかぼちゃ味もある

香港人は、基本的に「冷たいもの=体によくない」と思っているので、香港スイーツもあたたかいものが多いです。この黒ゴマスイーツ、芝麻糊(チーマーウー)もあたたかいスイーツ。レストランのデザートでも定番のメニューで必ず登場しますが、店によっては白玉が入りだったり、さらにはその白玉の中に黒ゴマペーストが入っていたりします。

作り方もいたって簡単! パウダーにお湯を入れて2分くらいかき混ぜ、トロトロにするだけ。これに白玉やお餅を入れてみるのもいいですね。一箱4袋入り、9.90香港ドル(約140円)。パッケージからして、体によさそうです。
 

12.香港の絵がかわいいTempoのポケットティッシュ

箱サイズもある

絵が香港ぽくてかわいい

Tempoのポケットティッシュは香港人にとってカバンに入れる必需品。厚手なので汗を拭いたり、手を拭いたりにも使います。無臭のオリジナルやジャスミンやミントなどの香り付きもあり。

2017年には香港人イラストレーターによる飲茶の絵のパッケージのものが発売されるようになり、さらにお土産に喜ばれること間違いなし。18パック入りは23.50香港ドル(約340円)で絵は二種類あるので2つセットでバラマキにしてもいいですね。少しかさばりますが、軽いのもうれしい。

1香港ドル=14.5円(2018年12月現在のレート)
 

関連記事

香港のショッピングモール
香港の市場(マーケット・夜市)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。